ラダック 懐かしい未来
『ラダック 懐かしい未来』(山と溪谷社)著者:ヘレナノーバーグ・ホッジ

金がなくても心豊かだった過去に学ぶ

ダックといえば秘境で名高い。ヒマラヤ山脈西端の高地砂漠地帯に位置し、チベットパキスタン、中国、アフガニスタンと隣接している。文化的にはチベット大乗仏教が主流、政治的にはインドパキスタン紛争以来、インドに属する。高原の麦畑からとれる麦、家畜の乳やチーズを食糧とし、運搬手段はロバとヤク、馬、牛とヤクの雑種ゾー。その蓄糞(ちくふん)を燃料に長い冬を過ごす、完全に循環型の自給自足経済を維持してきた。

一九七五年からここでスウェーデンの女性言語学者が調査を始めた。当初は文明からの遅れがしきりに目につく。やがて工業化社会がうしなった諸価値がここに凍結されていることに気がつきはじめた。競争社会にはない相互扶助がある。老人が尊敬され、子供たちはいつもニコニコ笑顔をうかべている。宗教があるにはあっても、かなりユルい。のんびりしたテンポの日常。生活に過不足がないから侵略戦争はしない。現金がなくてもおだやかで豊かな生活がある。

ヒマラヤ奥地の秘境といってすぐに思い浮かぶのは、J・ヒルトンの小説『失われた地平線』シャングリ・ラだろう。ラダックはしかしそうしたオリエンタリズム幻想に都合よく整備された観光地ではない。いや、なかった。だがこの十数年、ここも国境の軍事緊張に巻きこまれ、ご多分にもれずもろに文明の侵食をうけた。発電用ダムを造り、大家族は崩壊し、若者はアメリカ映画にかぶれた。蓄糞の代わりに低地の薪(まき)を燃料にとインド政府が要求するに及んで、ついに循環型社会は消失した。秘境はいまや東京となんの変わりもない。

著者と若い現地人は「ラダックプロジェクト」を立案した。うしなわれた過去が未来に再来する夢の実現計画。百年余のタイムラグはあるものの当方にとっても身に覚えがある。どうしようか。ここは大げさな集団行動よりはラクチンで長続きする個人的抵抗の方が効き目がありそう。まずファーストフードにおさらばして、ご飯とみそ汁の朝飯をおいしくいただく。すると「懐かしい未来」がすこしは見えてきそうだ。

【増補改訂:文庫版】
ヤマケイ文庫 増補改訂版 懐かしい未来―ラダックから学ぶ
『ヤマケイ文庫 増補改訂版 懐かしい未来―ラダックから学ぶ』(山と渓谷社)著者:ヘレナノーバーグ=ホッジ


【書き手】
種村 季弘
1933-2004年)独文学者、評論家古今東西の異端的・暗黒的な文化や芸術に関する広汎な知識で知られ、クライストやホフマン、マゾッホなど独文学の翻訳の他、内外の幻想小説や美術、映画、演劇、舞踏に関する多彩な評論を展開し、錬金術や魔術、神秘学研究でも知られる。これに関連して、吸血鬼や怪物、人形、自動機械、詐欺師や奇人など、歴史上のいかがわしくも魅力的な事象を多数紹介。他方幸田露伴、岡本綺堂、泉鏡花谷崎潤一郎をはじめとする日本文学にも深く精通し、晩年は江戸文化や食文化、温泉文化などの薀蓄をユニークエッセーに取り上げている。稀代の「博覧強記」として知られ、教え子の諏訪哲史は種村を “二十世紀の日本の人文科学が世界に誇るべき「知の無限迷宮」の怪人” と評している(自身が編纂した『種村季弘傑作撰Ⅰ・Ⅱ』の解説にて)。仏文学者で評論家澁澤龍彦との交流でも知られ、澁澤とともに日本における「幻想文学」のジャンル的な確立に貢献した。

【初出メディア
朝日新聞 2003年8月3日

【書誌情報】

ラダック 懐かしい未来

著者:ヘレナノーバーグ・ホッジ
出版社:山と溪谷社
装丁:単行本(262ページ)
発売日:2003-06-01
ISBN-10:4635308014
ISBN-13:978-4635308014
ラダック 懐かしい未来 / ヘレナ・ノーバーグ・ホッジ
ヒマラヤ山脈西端の秘境、金がなくても心豊かだった過去に学ぶ