肉や魚、野菜など生鮮食品を保存したり、料理にほこりが入るのを防いだりしてくれる、家庭用のラップ

日常で使う場面は、多いですよね。

お笑いコンビマシンガンズ』として活動しながら、ゴミ収集車の清掃員としても働く滝沢秀一さんは、家庭用ラップの正しい捨て方について情報を投稿しました。

滝沢さんによると家庭用ラップの場合、塩化系の素材が使われていることがあるため燃えるゴミ』として出すとのこと。

まれに自治体によって『不燃ゴミ』になる場合もあるそうですが、確認しておかないと間違えてしまいそうですね…!

また、スーパーなどで販売される肉や魚などのトレーを包むラップは、家庭用のものと異なり商品包装のラップであるため、プラスチックの資源ゴミになるといいます。

しかし、ここまで細かく分別を徹底するのは、なかなか大変!まずは、家庭用ラップの正しい捨て方を覚えておきたいですね。

投稿には「えっマジか。間違っていました。ごめんなさい」「そうなんだ、気を付けよう。家庭用ラップはずっとプラスチックだと思っていた」など、正しい情報を知り、驚く声が数多く寄せられていました。

普段何気なく出しているゴミですが、分別方法を勘違いしていることもあるでしょう。

年末に大掃除をする際など、ちょっとした機会に一度見直してみるといいかもしれません。


[文・構成/grape編集部]

出典
@takizawa0914