日本代表ワールドカップグループステージ最終戦でスペインを2-1で撃破し、決勝トーナメント進出を決めた。

世界的な話題になったのが、田中碧の決勝ゴール

VARは三笘薫折り返した場面でボールゴールラインを割っていなかったと判定したが、非常に際どいものだった。

その判定が各所で物議を醸すことになったため、FIFAゴールが正当である理由を説明する動画を出している。

VARがあったからこそ認められたゴールだが、そのVARを否定する声もある。

かつてリヴァプールプレーした元イングランド代表スタン・コリモアはVAR支持派だったが、今大会でその考えをあらためたという。『Mirror』によれば、彼はVAR廃止を訴えたとのこと。

ボールの1ミリを除いた全ての部分がラインを越えたにもかかわらず、それでもライン上だと判断されるなんて信じられない。

ドイツが敗退したことはどうでもいいイングランドからすると素晴らしいことだがね。

それでも、あのボールがインと判定されたのは、道徳的に間違っているし、常識に欠けると思う。

駐車監視員がやってきて、『車輪がラインから0.00001ミリはみ出しているので、80ポンド(1.3万円)の罰金を科す』と言うのと同じだ。

そうなったらどう感じるか誰もが分かるだろう。

ボールが1ミリでもラインを越えたらアウトというルールに変更するほうがフェアだろう」

ボールが完全にラインを越えていない限りはインプレーとする現在のルールはおかしいと主張。

【関連】日本代表の順位がすごい!海外サイトが選ぶ「2022W杯最強ユニフォーム11着」

そのうえで、「イングランドがああいう形で敗退していたら激怒していた」とも綴っている。

W杯日本代表のミリ単位ゴールは「おかしい」 元リヴァプール選手が物申す