今年は、横浜ゴム・山石昌孝社長(60)のパパ活やENEOSホールディングス・杉森務会長(67歳)の性的暴行など、企業経営者の「プライベートのトラブル」がたびたび世間を騒がせました。

 社会的地位が高く、注目度が高い経営者は、公の場ではクリーンイメージを保とうとします。しかし、人間は誰しも、「表と裏」があるもの。プライベートでは、大なり小なりダークな部分があります。

 経営者は、プライベートにおいても清廉潔白であるべきでしょうか。経営者のプライベートは、会社にどういう影響を与えるのでしょうか。経営者のプライベートは、どうあるべきでしょうか。取材結果をもとに、解説していきます。

大手企業は影響なし?

 8月に「一身上の都合」で辞任を表明していたENEOS・杉森務会長が、その前月に沖縄県の飲食店で女性店員に性加害に及び、骨折させるという事件を起こしていたことが週刊新潮の報道によって明らかになりました。

 私事ですが、筆者はENEOSの前身・日本石油に1988年に入社し、当時、新人教育の担当をしていた杉森氏に、社会人の基本を教わりました。恩人をこんな形で取り上げるのは気が引けますが、ENEOSの社員・OB約20名に今回の事件をどう受け止めているかを尋ねました。

 皆一様に「驚いた」「残念」とは言っていましたが、「骨折させるまでやるか」と驚いていただけで、杉森氏が事件を起こしたこと自体については、至って冷静に受け止めていました。

「杉森さんはパワハラ体質の人だし、毎晩飲み歩いていたみたいだから、ああいうトラブルを起こしても、そんなに意外性はありません。元々彼は労務屋でお酒が強かったはずですが、歳を取って弱くなっていたみたいですね」(50代・男性)

「杉森さんは、自身が入社した時の新人研修の最初の挨拶で『(一橋大出身の)私は東大の屁理屈麻雀にも、慶応のお坊ちゃま麻雀にも負けません。麻雀と酒なら束になってかかって来てください』と言い放った、根っからの“ザ・昭和サラリーマン”。酒席の失態で引退というのは実に彼らしい」(60代・男性)

 ENEOSでは、事業も職場の雰囲気も、事件の前後でまったく変わっていないそうです。

 また、週刊文春によって「社長のパパ活」が露呈した横浜ゴムの社員にも取材したところ、「社内にあの件の影響は全くありません」(40代・男性)とのことでした。

 ENEOS横浜ゴムの2社だけでは断定できないものの、大手企業では経営者のプライベートのトラブルぐらいで屋台骨が揺らぐことはなさそうです。

中堅中小企業では絶大な影響

 ただ、中堅・中小企業を取材すると、大手企業とはかなり違った様子が見えてきました。40代の社長が恐喝の容疑で逮捕されたある中堅企業の男性社員は、社内の動揺を次のように語ります。

「もちろん聖人君子とまでは思っていませんでしたが、実直で思いやりがある社長だったので、社員は皆ショックを受けました。『あの社長とは一緒に仕事できない』と退職する女性社員も現れました。社長は辞任しましたが、それから2年経った今も社員の動揺は続いています」

 逆に、経営者のプライベートの良い行いが社員に伝わって、会社に良い影響が出るというケースもあります。以下は、ある中小企業2代目社長に関する女性社員のコメントです。

「やり手だった創業者と違って、今の社長はボーッとしていて頼りなく、社員からの評判は芳しくありませんでした。ところが、その2代目社長が『犬猫の殺処分ゼロ』を目指して週末は精力的に活動しているとわかりました。それ以来、社員や取引先からの社長の好感度は爆上がり。会社の雰囲気もぐっと良くなりました」

 中堅・中小企業では、悪い面でも良い面でも、経営者のプライベートは会社に大きな影響を与えるようです。

「大手」と「中小」でなぜ反応が分かれるのか?

 大手企業と中堅・中小企業では、経営者のプライベートに対する社員の反応が、どうしてこれほど違うのでしょうか。大きく二つ要因があると思います。

 一つは、企業経営に占める経営者の重要度の違いです。大手企業では、事業や組織を運営する仕組みができ上がっているし、人材も豊富なので、経営者の役割は相対的に小さい。それに対して、仕組みがなく人材不足の中堅・中小企業では、経営者の役割が極めて大きい。

 もう一つ、経営者と社員の「心理的な距離」が根本的に違うことも、大きな要因になっています。

 大手企業では、社員数が多く、事業所が各地に分散し、経営者と社員の「物理的な距離」は大きい。ところが、経営者といっても他の社員と同じような学校を出て、寮や社宅で同じように暮らし、職場で苦労を共にしてきた元同僚。たまたまその中で一番偉くなったものの、「自分と同類」ということで「心理的な距離」はありません。

 経営者が表舞台ではシャキッとしていても、「自分と同類」だからプライベートは自分と似たようなものだと、大手企業の社員は知っています。そのため経営者のプライベートが表沙汰になっても、「まあ、そうだろうね」と驚きません。よって影響は限定的です。

 一方、中堅・中小企業では、社員も事業所も少なく、経営者と社員の「物理的な距離」は小さい。しかし、中堅・中小企業、とくにオーナー企業では、経営者は裕福な家に生まれ、苦労なく育ち、会社では下働きせず、あっという間に役職が上がっていきます。社員から見ると「異邦人」で、「心理的な距離」は大きい。

 中堅・中小企業の社員は、異邦人の今まで知らなかったプライベートを目の当たりにして衝撃を受け、良くも悪くも大きな影響を受けるのでしょう。

経営者はどうあるべきか

 では、経営者のプライベートはどうあるべきでしょうか。

 経営者に社員など関係者が付いてくるかどうかは、経営者の能力や実績もさることながら、やはり人間性。経営者は、不祥事を起こして人間性を疑われるような事態を絶対に避けなくてはいけません。

 ただ、経営者も人の子。好ましくないプライベートの行動があり、それがSNSなどで晒されてしまうリスクはあります。リスクを避けられないとしたら、経営者はどう対処すれば良いのでしょうか。

 ここでコンサルタントの筆者がお勧めしたいのが、心理学で言う「自己開示」、つまり強み・弱み・悩みなど自分のありのままをさらけ出すことです。経営者が自己開示をすることによって、相手との「心理的な距離」を縮めることができます。

 もっとも、経営者が自分の良い面ばかり自己開示したら、社員との距離が広がってしまい、逆効果。社員を強引に飲み会に誘ったらアルハラ、そこで性的な自己開示をしたらセクハラで訴えられる可能性もあります。

 君子危うきに近寄らず――高い地位にいる間は結局、何をするにしても常識的、慎重であることが求められるわけです。
 

(日沖 健)

女性への不適切な行為で、ENEOSホールディングスの会長を辞任した杉森務氏(写真:時事通信)