お笑いコンビハライチ岩井勇気(36歳)が、12月4日に放送されたバラエティ番組「チャンスの時間」(ABEMA)に出演。パチンコの「攻略法を知っている」と豪語し、千鳥の2人を大爆笑させた。

番組はこの日、パチンコ好きな芸能人の“パチンコ道”に密着する企画「パチフェッショナル 仕事の遊技」最新作を放送。今回は、ハライチ・岩井に密着した。

密着VTRでは、さっそくパチンコ店へと足を踏み入れるも、台を物色するだけでそのまま外に出てしまった岩井。「今のは顔見せというか。1回店から出ることによって台自体が『今日打ってくれないんだ』『ダメだったかな』って、寂しい気持ちになるんですよね」「しばらくして戻って台を選んであげると『戻ってきてくれた』って。1回出たにもかかわらず心残りで戻って来てくれたんだったら、この人には出してあげようって気持ちに台がなってくれる」と行動の理由を説明。

再び店内に戻り、台を選ぶ際も「優しく打ってあげることによって、(前の人と)この人は違うんだと思って台は出してくれる」と、台を女性に例えるかのようにして持論を展開した。

そうした中、岩井はおもむろに「台の上に“運営”ってのがあって。“運を営む”と書いて“運営”なんですけど、全ての運を司っている機関。これに全部行いとかが見られてる。台がそれを感知して見て“運営”に伝えてる。だから、“運営”に逆らっちゃいけないんです」と語る場面も。

その後、7連チャンの当たりを引き、VTRの最後に「攻略法を知ってますし、“運営”も味方につけたら、そりゃ当たりますよ」と発言した岩井に、ノブさんは「いいパチフェッショナルが出ました」とコメント。大悟も「僕は好きです」と称賛し、「昔から『攻略法知ってる』っていうやつが一番面白い。(攻略法は)ないんだから」「居酒屋とかで『もうとうとう分かったわ』っていうやつが一番面白かった」と笑った。