メイン画像

あす6日(火)も関東は年末年始の頃の寒さに。週末にかけて、北日本は断続的に雪が強まり、積雪が増加。関東から九州は冬晴れが続きますが、空気乾燥や冷え込みに注意が必要です。

関東から北海道で今季一番の寒さ

画像A

きょう5日(月)は、全国的に雲が広がり、冷たい雨や雪の降った所もありました。また、各地で最高気温が平年を下回り、関東から北海道の広い範囲で今季一番の寒さとなり、真冬並みの寒さとなった所もありました。

今夜からあす6日(火)の朝にかけて、関東や東北南部は冷たい雨が降り、平地でも雪がまじり、みぞれの降る所がある見込みです。体感的に一層寒く、凍えるような寒さになりそうですから、暖かくしてお過ごしください。

画像B

あす6日(火)は、北海道から関東にかけては、きょう5日(月)に比べると、寒さが和らぐ所が多いでしょう。それでも最高気温は平年を下回り、関東は年末年始の頃の寒さとなりそうです。
東海から九州、沖縄の最高気温は、きょう5日(月)と同じくらいで、12月らしい寒さでしょう。あすも外出時は、寒さ対策を万全にした方が良さそうです。

この先、北日本を中心に寒気が流れ込み、北海道や東北は断続的に雪が強まるでしょう。特に、あす6日(火)の夜から7日(水)にかけて、積雪量が増えそうです。北日本ではこの先も、冬らしい寒さが続く見込みです。車の中でも、暖をとれるように防寒グッズを備えておくと良いでしょう。

関東から九州は、週末まで晴れの天気が続く見込みです。7日(水)からは最高気温が13℃から15℃くらいの日が続き、この時期としては比較的暖かいでしょう。

朝晩は強い冷え込み 寒暖差大きく

画像C

この先は、日中の寒さが和らいでも、朝晩の冷え込みは続きそうです。
最低気温は北海道は連日氷点下の冬日となり、東北南部でも5℃以下の日が多い見込みです。
関東でも5℃前後で、東海から九州も7℃くらいで、朝は布団から起きあがるのが辛い冷え込みになるでしょう。

太平洋側を中心に、晴れて空気が乾燥する日が続く上、日中と朝晩の気温差が大きくなりそうです。
12月は、毎年インフルエンザの患者数が一気に増える時期です。感染症対策に手洗いうがいを今一度、習慣にしておきましょう。

放射冷却現象とは

画像D

この時期、夜から朝にかけて穏やかに晴れると「放射冷却現象」が強まるため、気温がグンと下がります。

「放射冷却」とは、どういった現象かといいますと、物が外へ熱を出して、冷えることです。

例えば、寒い夜に、布団をしっかりかけて寝れば、朝まで体が暖かかったはずなのに、布団をかけずに寝てしまい、体が冷えてしまった経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

この場合と同じで、夜から朝にかけて曇りの天気だと、雲が布団と同じ役目をするので、地面近くの熱は空へ逃げにくく、冷え込みが弱くなります。一方、風が弱く晴れていると、布団と同じ役目をする雲がないので、地面近くの熱は、どんどん空へ逃げてしまうため、冷え込みが強くなるのです。

放射冷却現象が強まるという予報の時は、夜から朝にかけて冷え込みが強まります。しっかり暖かくして、お過ごしください。

週間 あす6日も関東は真冬の寒さ 北日本で積雪増加 東・西日本は乾燥と冷えに注意