週刊少年ジャンプで『PPPPPP』を連載中の人漫画家・マポロ3号先生の奥付のメッセージに誤りがあった。週刊少年ジャンプ編集部は公式twitterにて「お詫びと訂正」を掲載。読者に正しいマポロ3号先生の奥付メッセージを伝えた。

誤って肥田野健太郎先生の奥付メッセージ掲載

編集部によると、マポロ3号先生のメッセージを掲載するはずが、誤って肥田野健太郎先生のメッセージを載せてしまったという。

あまりにも予想外な内容

本来ならば「そうだったんだ」で終わりそうな話だが、正しいマポロ3号先生の奥付のメッセージが「あまりにも予想外な内容」だったため、多くの人たちが衝撃を受けている。

<正しいマポロ3号先生の奥付のメッセージ

コイルの質感が超良いしデカヌチャンカワイイしレアコイルの質感超良い~~<3号>」

内容が内容だけに、ある意味「恥ずかしい仕打ち」といえるかもしれない……。

意図的に間違えたとしたら編集部は天才か?

本来ならば、「お詫びと訂正」は編集部にとってネガティブともいえる展開。しかしながら、この「お詫びと訂正」を読んだ多くの人たちはむしろ歓喜しており、楽しんでいるように感じられる。「意図的に間違えたとしたら編集部は天才か?」と思えるほどのポジティブな反応だ。

マポロ3号と漫画『PPPPPP』に注目だ

今回の奥付メッセージの間違いによって、むしろマポロ3号先生や作品を知るきっかけになった人もいるのではないだろうか。今後もマポロ3号と漫画『PPPPPP』に注目していきたい。

(執筆者: クドウ@地球食べ歩き)

週刊少年ジャンプ漫画家がミスで恥ずかしい仕打ちを受ける