Digital Extremesは、同社が展開する三人称シューティングゲームWarframeについて、クロスプラットフォームプレイへの対応を発表した。

 2013年サービスを開始した『Warframe』は、基本プレイ無料・三人称視点のオンライン協力型アクションシューティングゲームだ。

 プレイヤーは、強化外骨格「ウォーフレーム」を使いこなす戦闘種族「テンノ」として、進化し続ける世界の調和を守らなければならない。「ウォーフレーム」は忍者のようなスタイリッシュを兼ね備えており、銃や刀をもちいたプレイスタイルの虜になるプレイヤーも多い

 

 2022年現在も、精力的なアップデートが配信され続けており、今回のクロスプレイ対応も2021年に開かれた「TennoCon 2021(テンノコン2022)」内で発表されていたもの。

 ゲーム機同士の垣根を超えたクロスプレイのほか、セーブデータを共有するクロスセーブの対応も予定されており、今後の展開にも期待が寄せられる。

基本プレイ無料のSF忍者ゲーム『Warframe(ウォーフレーム)』がクロスプレイに対応。文字通り“すべて”のテンノと協力プレイが可能に_001

 『Warframe』は基本プレイ無料で配信中。対応プラットフォームは、PC、PS4PS5Xbox OneXbox Series X|SNintendo Switchとなっている。

 異なるプラットフォーム間でのフレンド登録の方法などのクロスプレイに関する詳細は、以下のリリースや公式サイトも参照されたい。

『Warframe』 公式サイト クロスプレイについて(英語)はこちら『Warframe』 公式サイト(一部英語)はこちら

プレスリリースの全文は以下のとおり。


Digital Extremes、クロスプラットフォームプレイを開始し、
Warframe のプレイヤーをより身近な存在に

基本プレイ無料のSF忍者ゲーム『Warframe(ウォーフレーム)』がクロスプレイに対応。文字通り“すべて”のテンノと協力プレイが可能に_002

テンノたち、共に強くなろう:Warframeオリジンシステムを介してあらゆるプラットフォームで 仲間と協力し、クロスプラットフォームプレイに対応開始

Digital Extremes は、Warframeクロスプラットフォームプレイ対応を開始し、PC と PlayStation®️、 XboxNintendo SwitchTM ファミリーのコンソール間のプレイヤー間の障壁を初めて取り払いました。 クロスプラットフォームプレイは、オリジンシステムを介して Warframeプレイヤーを結びつけることを 目的とした機能で、世界中のすべてのテンノが、利用可能なすべてのプラットフォームで、Warframeアクション満載のマルチプレイミッションと広大な SF 世界を体験することができるようになるものです。

Warframe は、常に友人と一緒にプレイして楽しむのに最適なゲームです。だからこそ、クロスラット フォープレイの開始は我々にとって信じられない瞬間です。パートナーと共に、Warframeスリル味わうことを妨げていた壁を取り払い、一つのコミュニティとして団結しました。バウンティを達成して オープンワールドを冒険したり、「ルアの犠牲者」アップデートで追加された協力型サバイバルミッション に、プラットフォームの制約を受けずにフレンドと参加することができるようになりました。オリジンシステ ムで友達を作る機会がさらに増えることでしょう。」と、Digital Extremes の COO である Sheldon Carter は述べています。

Warframeクロスプラットフォームプレイ機能は、ゲームオプションメニューでオン/オフを切り替える ことができます。この機能が有効な場合、プレイヤーの名前の横にプラットフォーアイコンが表示され ます。チャットやスクワッドへの参加が可能で、オリジンシステムのすべてのプラットフォームにおいて、 他のプレイヤーミッションに参加するため、迅速なパブリックマッチメイキングが期待できます。
また、リレーや道場では、すべてのプラットフォームのプレイヤーが集うことができますが、VoIP チャット 機能は将来的に追加される予定で、現在は利用できません。

異なるプラットフォームで同じ名前を持つプレイヤーを識別するために、各プレイヤーには数字の サフィックスが割り当てられています。このサフィックスは、プレイヤーが誰かをスクワッドに招待すると きや、同姓同名のプレイヤーチャットするときにのみ必要なものです。
プレイヤーゲームメニュープロフィールで自分のサフィックスを見つけることができます。コンソー ル版のプレイヤーは、Warframe の別名にスペースを含めることができます。
PC 版プレイヤーがコンソールフレンドに Whisper(プライベートメッセージ)を送る際、名前にスペース がある場合、アポストロフィーを使ってフルネームを捕捉する必要があります。 この相互作用の例は、Warframeウェブサイトのクロスプラットフォームプレイ FAQ に記載されています。プレイヤーの進行状況をあるプラットフォームから別のプラットフォームへ移行するためのオプションサービスクロスプラットフォームセーブ」は開発中であり、まだ提供されていません。クロスラット フォーセーブクロスプラットフォームプレイに関する追加情報は、開発の進捗に応じて Warframeソーシャルチャンネルや Devstream でコミュニティに提供されます。

クロスプラットフォームプレイの詳細については、こちらのサイトをご覧ください。:
https://www.warframe.com/ja/crossprogression

クロスプラットフォームプレイトレーラーを視聴:
https://www.youtube.com/watch?v=HV23n4j2yZc&ab_channel=PlayWarframe

Digital Extremes について
James Schmalz が 1993 年に設立した Digital Extremes は世界でトップクラスの独立系ビデオゲーム開発スタジオの一つに位置づけられています。Digital Extremes は『Unreal』や『Unreal Tournament』 (そしてその全バージョン) を含む、Epic Games の数百万本を売り上げる『Unreal®️』フランチャイズ の共同製作から始まり、続いて『Dark Sector®️』、PlayStation®️3 向け『BioShock®️』、『 BioShock 2』のマルチプレイヤー・キャンペーン、『The Darkness®️ II』の開発を行いました。このスタジオは基本料金無料のアクションゲームWarframe®️』で同社にとって批評面・商業面で最高となる成功に達し PC, PS5®️, PS4®️,Xbox Series X|S, Xbox One, Nintendo SwitchTMでは 7000 万人以上の登録ユーザーによるグローバルなコミュニティを誇っています。Extremes に関する詳細については、www.digitalextremes.comアクセスしてください。『Warframe』に登録するには、www.warframe.com/jaアクセスしてください。

『Warframe』 公式サイト クロスプレイについて(英語)はこちら『Warframe』 公式サイト(一部英語)はこちら