BTS・JIN(30)がついに兵役へ 韓国で芸能人の兵役が「行って当たり前」になった“身も蓋もない理由”とは【ヨン様、チャンドンゴンは免除】 から続く

 韓国社会と兵役は切っても切れない関係にある。兵役は国民全体の関心事であり、実際に徴兵される青年男性にとっては、人生を左右する切実な問題であり続けている。

 だから兵役制度のひずみを韓国人は許さない。近年、最も深刻な問題として挙げられているのは「いじめ」だ。いじめによる集団暴行、被害者の自殺、果ては殺人まで、韓国軍ではいじめに起因する様々な問題が持ち上がっており、国民は軍に対して厳しい目を向けている。軍隊内で横行するいじめが注目を集めるようになったのは、ある事件がきっかけだった。大手紙国際部記者が事件について解説する。

手榴弾を投げ、銃を乱射した22歳イム兵長…原因は「いじめ」だった

「事件は2014年6月21日午後8時ごろ、韓国江原道高城郡にある陸軍の見張り所近くで起きました。イム兵長(当時・22歳)は、同僚に手榴弾を投げつけ、銃を乱射。5名が死亡し、7名が重軽傷を負っています。その後、イム兵長は逃走。23日、自殺を図ろうとしたところを取り押さえられ、2016年2月19日にイム兵長には最高裁での死刑判決が確定しています。ところが、イム兵長が事件を起こしたのは同僚からのいじめが原因だったことがわかっています。そういった経緯に対して情状酌量がなかったため、判決には大きな批判が集まり、いじめを内包していた軍の体制にも疑問が浮上するようになりました」

 韓国で最後に死刑が執行されたのは1997年12月。それから25年にわたり死刑執行がなく、イム兵長は「事実上の終身刑」とされている。

「殴れ」と指示され断れば標的に…軍内で横行するいじめ

 この事件の2カ月前には20歳の一等兵がいじめによる暴行で死亡した別の事件が発生している。軍の調査によって、約4000件のいじめが過去にあったことが発覚してすぐの出来事だった。兵役の経験を持つソウル在住の30代男性は「軍内のいじめはいまも存在する」と話す。

2014年は、軍内でいじめが横行している事が浮き彫りになった年でもありました。特に兵長による銃乱射事件は衝撃的でした。Netflixで配信されたドラマ『D.P.-脱走兵追跡官-』はこの事件をモチーフにしており、生々しい体罰やいじめの様子が放送されました。リアルな描写が話題になり、韓国国内では配信当時、『イカゲーム』よりも反響を呼んだ作品です。私は銃乱射事件の2年後に入隊しましたが、いじめはなくなっていませんでした」

 韓国軍では入隊順に厳しい上下関係が成立するという。この男性も5歳下の上官がいた。

「入隊した年齢が平均より遅かったので、私もいじめの標的にされました。掃除をおろそかにしたという理由で、就寝時間を過ぎても必要以上の掃除を強いられました。その生活が1週間ほど続き、痩せた私を見た上官や同僚が『そんなんじゃ使い物にならない。鍛えてやる』と腹部を何度も殴られるという拷問に近い体罰を受けました。新兵が入ってきた時には逆に『殴れ』と指示され、断ればまた標的にされるといういじめの構図が出来上がっていました」

いじめに耐え続け、除隊3ヶ月前に事件を起こしてしまったイム兵長

 銃乱射事件を起こしたイム兵長について「彼も陰湿で深刻ないじめを受けていた」と話すのは、実際に事件を目の当たりにした当時の同僚・キムさん(30代、仮名)である。

「イム兵長は、痩せていて脱毛症を患っていました。その容姿から『ガイコツ』『ジジイ』など、入隊時から日常的にからかわれていたんです。幹部に殴られたり、後輩に無視されたりといったいじめを受けながらも耐え続け、あと3カ月後には除隊というタイミングで事件を起こしてしまいました。事件当日、哨所にある日誌の裏表紙にイム兵長を揶揄する悪口とガイコツの絵が書き足されていて、犯行を決意したそうです。ずいぶん苦しんでいたと思います」

 イム兵長は、自らをいじめ続けた同僚たちの背後に手榴弾を投げつけた。逃げ惑う同僚たちを執拗に追いかけ、銃撃を加えた。この時点ですでに5名が死亡。イム兵長の恨みの大きさがうかがえる。

 その後、イム兵長は駐屯地から逃走。韓国軍は最高非常警戒態勢をとる。兵士4000人と特殊部隊を投入しイム兵長の大規模な捜索が行われた。丸2日間にわたった緊迫した警戒態勢は、並々ならぬものだったとキムさんは言う。

「当時私は空軍に所属しており、事件の起きた陸軍とは別の場所に勤務していました。しかし、就寝前の自由時間に非常警戒令が発令され、何が起きたかも分からないまま、出動を命令されました。移動中に『人が死んだ』『武器を所持して逃走中』とだけ聞かされ、まさかその時は新兵訓練や適性検査で顔を合わせた同僚が死に、さらに犯人まで同僚だとは思いもしませんでした」

射撃を教わった先輩が血だらけで倒れていた

 命令に従い事件現場に到着したキムさんを待ち受けていたのは、酸鼻をきわめる光景だった。

「射撃を教わった先輩が血だらけで倒れているのを見て、事の重大さに気づきました。逃走ルートの遮断に失敗したことから、雪山の山頂までの警備を私ともう1人で任せられました。睡眠や食事を交代に取り、必死で警戒をしていましたが、もしイム兵長と出くわしたら『殺されるかもしれない』という凄まじい緊張感があったのを覚えています。野うさぎの親子が現れた時、気づいたら銃を乱射していました。体力の限界は既に超えていて、錯乱状態でした」

 予期せぬ極限状態におかれて錯乱状態に陥ったのは、なにもキムさんだけではない。ほかの兵士たちもまた、死の恐怖と先の見えない緊張状態から、通常では考えられない事態を次々と招いていく。「自分は死にたくない」とその場から逃走する兵士、撃たれた部下を放置して逃げ出す上官――。

「人間ではいられなくなるような気がしました」とキムさんは言った。

「捕まれば死刑は免れない」と誰もが分かっていた

 韓国軍による死に物狂いの山狩りの結果、イム兵長は発見され、追い詰められる。投降を呼びかけられるも拒否を続け、ついにはイム兵長の父親までもが現場に駆り出された。父の懸命の説得に涙を流しながらも、イム兵長は最後まで投降を拒否した。捕まれば軍法会議にかけられ、死刑は免れないことを誰もが分かっていた。

 父親の懇願から30分後、イム兵長は自らの胸を撃ち自殺を図ったが未遂に終わる。命に別条はなく、病院に搬送され、この事件は幕を閉じた。イム兵長の遺書には「彼等は自分達の行動が相手にどれだけの苦痛を与えるか、察することができなかった」などと書かれていた。

「イム兵長が確保されてから、彼の所持していた武器は故障していたことが判明しています。つまりイム兵長は、駐屯地から逃げだした後は一切銃を撃っていない。それにもかかわらず捜索していた韓国軍兵士に負傷者が続出したのは、全て恐慌をきたした味方同士の『同士討ち』が原因だったといいます。さらに、捜索チームは6度もイム兵長と接触していたのに、確認を怠ったがためにそのまま通過させていたことも後々分かっています」(前出・国際部記者)

人間や国を壊す側になりかねない、兵役制度のゆがみ

 事件の余波は大きかった。軍内におけるいじめの問題、兵士のメンタルヘルスケア、指揮命令系統や職業倫理の欠如。いずれも韓国軍の体制に直結する重大問題であり、今なお国民的な議論は続いている。少子化問題もあり、慢性的な兵員不足に悩まされていることも軍の存立基盤を揺るがす悩みの種だ。

 人員の不足は円滑な人事を阻む。本来なら任務を外れるべき精神的に不安定な兵士ですら前線から引きはがせない状況も生じているという。そのような兵士を「関心兵士」と呼び、イム兵長もこの分類に該当していた。兵役制度のゆがみを目撃したキムさんは言う。

「事件後、遺族の方々はもちろんですが、私の母も『無事で良かった』と涙を流しました。国や人を守るための義務が、それらを壊すことがあってはならない。今のままでは壊す側になりかねない兵役制度のままなら、私は撤廃するべきだと心から思います」

(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))

イム兵長の捜索は韓国軍を挙げて行われた Ⓒ時事通信