5日に行われたFIFAワールドカップカタール2022のラウンド16。日本代表クロアチアと対戦して1-1となり、PK戦の末に敗れた。

試合後、フラッシュインタビューに応えた遠藤航は以下のように話し、この大会を振り返っていた。

遠藤航

「そんなに入りは悪くなかったと思います。後半もブロックを引いたところから失点を防いで、2点目を取りに行こうというところでね。

ゲームプラン通りに進んでいきましたけど、PKはもうしょうがないというかね。

とにかく蹴った選手を責めることはできないし、チームとしてあそこPK戦になってしまったというところが、敗因なのかなと思います。

(今大会初めて先制したことについて)

前半はそのまま1-0で折り返すというところはチームとして共有できていて、後半も2点目を取りに行くというところに、加えて2点目を取りに行くという。

さらに失点しないようにというところで、やはりあの一本のクロスでやられてしまったというのは、悔しさが残る試合だと思います。

PK戦については蹴りたい人から蹴っていくという感じでした。

サポーターへ)

期待していただいたにもかかわらず、負けてしまったのは本当に申し訳ないです。グループステージから応援していただいた皆さんには感謝しかありません。

この悔しさは次のワールドカップに向けて、準備は今日から始まると思っています。切り替えるのは難しいですが、まずはクラブに帰ってまたやっていきたいです」

【写真】本田圭佑やペリシッチも!「背番号4」なのに攻撃の人だったスター10人

ゲームプランとしてはそれほど悪くなかったものの、2点目を取るという点が成功せず、クロスからの失点が痛かった…と感じていたようだ。

W杯のPK戦で日本代表敗北…遠藤航は「蹴った選手、責められない」