【この記事の動画を見る】

米コネチカット州で今月2日朝、スクールバスに乗るために家を出た5歳女児が玄関でアライグマに襲われた。女児を体を張って助けたのは母親で、的確な判断によりアライグマを撃退、「ヒーロー!」「今年の母親大賞」といった声が寄せられている。凶暴なアライグマと闘った勇敢な母親のニュースを『WFSB』などが伝えた。

コネチカット州アシュフォードで2日の朝7時45分頃、学校へ行こうと玄関ドアを開けたライリーちゃん(Rylee、5)がアライグマに襲われた。

当時の様子を捉えた動画では、玄関前に立つライリーちゃんの脚にアライグマが噛みつくのが見て取れ、驚いたライリーちゃんが悲鳴をあげている。

ライリーちゃんはその後、左脚に食いついたまま離れないアライグマを何とか振り落とそうとするも全く効果はなく、辺りにはライリーちゃんの金切り声が響いている。

そしてアライグマの攻撃から約8秒後、母ローガン・ケルシーさん(Logan Kelsey)が慌てて駆けつけ、左手でライリーちゃんを抱くと、右手でアライグマの首根っこを鷲掴みにした。

ローガンさんは自分の左脚と玄関戸の間にライリーちゃんを挟んで支えており、泣いている娘に「中に入りなさい。家の中に入るのよ!」と指示、その間もアライグマを掴む手は離さずに「誰か助けて!」と大声で叫んでいる。

一方のアライグマも必死で、ローガンさんの右腕に巻き付いて抵抗、ローガンさんは噛まれまいと首を掴みながらアライグマを大きく振り回した。

背後では騒ぎに気付いた隣人が声をかけているが、ローガンさんは「大丈夫! 凶暴なアライグマなの!」と叫び、アライグマをできるだけ遠くに放り投げると部屋の中に逃げ込んだ。

ローガンさんは当時のことを「最初は娘がドアに手を挟んだのかと思ったの。まさかアライグマが娘の脚に巻き付いているなんて想像もせず、パニックになったわ。本当に怖かったのよ」と振り返り、「娘は脚を噛まれていてね。2人ともひっかき傷があったので、病院で狂犬病の注射を受けたの」と明かした。今後は2日おきに2週間、注射が必要になるそうで「もう子供たちだけで外遊びさせることはできないわ」と溜息交じりに語った。

ちなみに地元の動物管理局は2人を襲ったアライグマを探しているが見つかっておらず、ローガンさんは家の周りにワナを仕掛けて捕獲することも考慮に入れているそうだ。

この事故を受け、コネチカット州のエネルギー環境保護局(DEEP)は「アライグマは州内では珍しくなく、人口増加でゴミ、庭園、鳥の餌などを狙って住宅街にも姿をみせるようになった」と指摘、DEEPの野生動物学者ジェフ・クルカーさん(Geoff Krukar)はこのように述べた。

「夜行性のアライグマが日中に現れたからといって、その個体が狂犬病とは限りませんが、動画のアライグマ明らかに病気です。」

「そんなアライグマに噛まれないように注意を払い、隣人に近づかないよう警告し、子供を安全な場所に避難させた母親の行動は全てが的確で、彼女は“ヒーロー”と言えるでしょう。もしアライグマが口から泡をふいていたり、追いかけてきたり、近くに寄ってきたりしたら、すぐに当局に連絡すべきです。」

画像は『Hold My Beer/Holy Cow 2022年12月3日TwitterMother of the Year」』『WFSB 2022年12月3日付「CAUGHT ON CAMERA: Mother in Ashford fends off raccoon that attacked her daughter」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト