歴史的価値のある車両の極みかも?

譲渡時期は2023年1月以降を予定

JR西日本2022年12月6日、オヤ31形客車、「建築限界測定車」1両(31号機)を動態車両としてえちごトキめき鉄道に譲渡すると発表しました。

同車は、その外観から「おいらん車」とも呼ばれる特殊な鉄道車両です。もともとは1937(昭和12)年に三等客車スハフ32として新製されましたが、その後1957(昭和32)年に建築限界測定車オヤ31に改造されたとのこと。2022年現在は網干総合車両所 宮原支所に配置されています。

譲渡時期は2023年1月以降を予定しているといいます。JR西日本は、鉄道文化を後世へ継承すべく活動をしているなかで今回の譲渡となったそうで、移転後も引き続き活用してもらえる目途が立っているとのことです。

オヤ31形客車、「建築限界測定車」(画像:JR西日本)。