元乃木坂46生田絵梨花が、12月12日より全国(一部地域を除く)で放映開始される『LINE ギフト』の新CMに出演する。

 ​>>全ての画像を見る<<​​​

 『LINE ギフト』とは、LINEのトークを通じて友だちとギフトを贈り合うことができるコミュニケーションサービス。同CMでは綺麗なイルミネーションのなか、クリスマスで盛り上がる人々を横目にタクシーの車内でちょっぴり人恋しさを感じている生田へ、気の知れた友人からLINEが届くシーンからスタート。「年末帰ってこられるの?」という地元の友人からの連絡に、女性の繊細な心の動きを物憂げな表情だけで表現している。そんな友人から『LINE ギフト』が届き、気持ちのこもったメッセージカードを目にして徐々に穏やかになっていく様子が印象的なCMに仕上がっている。

 楽曲には、今回のために特別に編集したAimer(エメ)のクリスマスソングeverlasting snow』を起用。届いた友人からのLINEに、ほっこりとあたたかくなる生田の気持ちに寄り添い、映像を盛り上げている。

 印象的な撮影シーンについて生田は、「すごく心に響くCMだなと思いました。私も、移動車とかでふと外を見て、イルミネーションキラキラしている中で、すごくそれが『キレイだな』と思うと同時に、なんか『さみしいな』『友だちと会いたいな』と思うことがあるので、色々な人に共感してもらえるのではないかなと思います」とコメント。

 CMにちなんでクリスマスプレゼントの思い出や欲しいものを聞かれると「すごく印象に残っているのは、ゲーム機を頼んだら、学習ビデオが返ってきたり(笑)。あとは、ワンちゃんがほしくて、頼んだら、うさぎのぬいぐるみが返ってきました。思っていたのと違う!だけど、笑っちゃう!という感じが、恒例のクリスマスでした。今年ほしいプレゼントは炊飯器ですかね。ごはんが大好きなので、おいしく炊ける炊飯器が欲しいです」と明かした。

 年末年始の楽しみについては「今まで、必ず年末年始が歌番組などお仕事だったので、だいたい年越しそばを、年越す前や年越ししてだいぶ経ったあとに食べたりとかしていたので、今年初めて一人で過ごす年末年始になると思うので、0時ちょうどに食べてみたいです」と話し、2023年の抱負についても「今年は、独り立ちして初めての経験ばかりだったので、充実した吸収をたくさんさせてもらったのですが、来年はもう少し臆せず、色々なことを楽しみながらトライできたらいいなと思います」と意気込みを語った。

 LINE公式YouTubeチャンネルではCM本編に加え、インタビューと撮影風景を収めたメイキング映像も公開予定。

LINE公式YouTubeチャンネル:https://www.youtube.com/@NAVERLINE

⒞『LINE ギフト』