画像はイメージ

職場では、きちんと仕事に集中してほしいが、そもそもの目的を履き違えている人もいるようだ。茨城県の40代前半の女性(茨城県/事務・管理/正社員・職員/年収500万円)はかつて派遣社員として働いていたときのことを振り返る。(文:永本かおり)

キャリコネニュースでは「職場でストレスを感じる瞬間」をテーマアンケートを行っています。回答はこちらから。https://questant.jp/q/QN0WSPMQ

「お食事会をセッティングしてもらってました」

大企業派遣社員をしていた頃、同じ部署の派遣仲間だった女性があからさまに会社に仕事半分婚活半分で来てました」

大企業ということもあり、そこには「私たち派遣の倍以上の年収と思われる高収入な正社員の方々」が多く集まっていた。その派遣仲間の女性は、

「社内の様々な人にお願いして別の部署どころか実家が関東で今は別の地方の支社にいる社員までも紹介してもらいお食事会をセッティングしてもらってました」

と、積極的に出会いを求め行動していたという。

結果として、「その努力は報われませんでしたが、子会社の人とめでたく結婚」と丁度いい塩梅に落ち着いたようだ。しかし、その後が大変だった。

「結婚後、婚活をしまくっていた噂が旦那様の耳に入り揉めていたことは今となっては面白かった思い出です」

と、第三者としての客観的な感想を綴っていた。

大企業の「高収入な正社員」との結婚を目論む派遣女性 最終的に子会社の男性と一緒になるも……