飛行機

飛行機で何時間もかけて移動するときは、なるべくリラックスして静かに過ごしたい。しかし小さい子供が近くにいると、それが難しいことも…。

ある乗客が掲示板アップした幼児の動画に関心が集まっており、『The Mirror』など海外メディアも注目し紹介している。


■機内でじっとできず…

海外で暮らす人物が飛行機に乗り、8時間かけて遠い目的地に向かうことになった。しかしその日、たまたま近くに座っていた幼児は落ち着きがなく、長時間じっとしていることはできない状態だった。

しばらくすると前の座席背面に設置されているテーブルを下ろし、裸足でその上に。幼児はバランスを崩さないように、前の座席に両手をかけ遊び始めた。


関連記事:乗客の突然死に対応した客室乗務員たち 気配りにも称賛の声

■意外な展開に衝撃

高い場所に立てて嬉しかったのか、幼児は座席に手をかけたまま勢いよくジャンプを連発。そのたびに前の座席も激しく揺れ、座っていた男性はひどい迷惑を被った。

この様子に驚いた乗客が動画を撮影し、海外人気掲示板Reddit』にて公開。それを見た多くの人たちが衝撃を受け、さまざまなコメントインターネットに書き込んでいる。


■「親が最低」という意見が噴出

多くのユーザーは、「幼児には(長時間のフライトは)我慢できない」「私が親なら子供にこんなことは絶対にさせない」「これを悪いと思わない親が理解できない」「最低な親だと思う」といった意見が多数書き込まれている。

また「もし飛行機が揺れたら子供がテーブルから落下する」という声を上げた人たちは、親の危機管理の甘さを指摘。前の席の男性に同情した人も多く、「航空会社は男性に運賃を払い戻すべき」と書き込んだ人もいた。


■客室乗務員を責める声も

一部のユーザーは客室乗務員の“怠慢”に着眼。「客がストレスを感じないよう対処するのが仕事なのでは…」「こんな乗務員はクビで上等」というコメントも書き込んでいる。

「子供は叱らない」という育児方針にこだわる親もいるが、誰もが「幼児のすることだから…」と許してくれるわけではない。また機内では、「うるさいから」といってすぐに別の席に移動できるとは限らない。子供がマナー違反で人に迷惑をかけることがないよう、親がしっかり注意する必要がある。

・合わせて読みたい→飛行機で女性が親子の会話を「うるさい」と注意 コロナ禍のストレスが影響か

(文/Sirabee 編集部・マローン 小原

幼児が座席テーブルに立ちジャンプ連発 飛行機内での迷惑行為に批判殺到