マカロニチーズ

あるアメリカ人女性が、お湯を入れて3分半で出来上がるというインスタント食品を販売する会社に、6億円超を要求している。その理由とは、「調理に3分半以上かかったから」というものだった。

Metro』や『NBC NEWS』などの海外メディアが、提訴に至った女性の言い分を報じている。


■6億円超を要求

アメリカ・フロリダ州に住むアマンダ・ラミレスさんが、インスタント食品『マカロニ&チーズ』の製造元のクラフト・ヘインズ社を提訴し、500万ドル(約6億7,000万円)を要求した。

マカロニ&チーズとは、茹でたマカロニチーズを絡めたアメリカの家庭料理だ。提訴されたクラフト・ヘインズ社はお湯を入れて3分半待つだけで完成するインスタント商品を販売しているが、アマンダさんはこの表記を「間違いだ」と主張している。


関連記事:飼い犬のうんちを飲み込んだ女性が入院 一緒に昼寝していたら口の中に…

■フタを外すと3分半を超える

アマンダさんによれば、商品のパッケージには「3分半で出来上がり」と書いてあるにも関わらず、「フタを外す・水を加える・電子レンジで加熱する・マカロニに粉チーズソースを混ぜ合わせる」という手順をすべてこなすと、3分半以上かかってしまうという。

彼女が何よりも注目しているのは、「チーズソースは少し置くととろみが出る」と書かれている部分だ。これを実践すると確実に3分半は超えてしまうため、同商品を「詐欺だ」と主張している。


■「浅はかな訴訟」と対応

この報道を見た人々からは、「なんて馬鹿げた訴訟だ」「世界には飢えている人が大勢いるというのに、この人は細かいことで騒ぎ立てている」「そんなことを言い出したら、店に行って商品を買う時間まで含めないといけなくなる」などとコメントが寄せられ、アマンダさんの提訴を非難した。

訴えられたクラフト・ヘインズ社は、「我々はこの浅はかな訴訟を承知しており、主張に対して強く弁護します」と語っており、訴訟の今後に注目が集まっている。

・合わせて読みたい→0秒チキンラーメンに… 「あるもの」を入れてお湯で戻したら激ウマだった

(文/Sirabee 編集部・広江おと

食品会社に6億円要求した女性 理由は「パッケージ表記の3分半じゃ完成しない」