スマホ・スマートフォン・子供

街中がクリスマス商戦でにぎわいを見せるこの時期、アメリカで驚くような殺人事件が起きた。高額なプレゼントを欲しがった10歳の少年が、買ってくれないとわかり母親を殺害したという。『NBC News』『PEOPLE』ほか全米の多数のメディアが報じている。


■至近距離から母親に発砲

その殺人事件は11月21日午前7時前、ウィスコンシン州ミルウォーキーの民家の地下室で発生した。母親のクイアナ・マンさん(44)に声をかけられて目を覚ました10歳の少年は、母親の寝室に隠されていた拳銃を取り出すと地下室へ向かった。

そこで洗濯をしていたクイアナさんに向けて発砲すると、銃弾は右目から入り、頭蓋骨を貫通して後頭部から出たことがわかっている。なお、警察は少年の名前を明らかにしていない。


関連記事:12歳少年の遺体発見で3名が逮捕 「ロシアンルーレットで死亡」説も

■犯行後にAmazonにログイン

少年はその直後に2 階の寝室に行き、20代の姉を起こして事情を説明すると、姉は叔母に助けを求めた。全員で祖母宅に移動し、大人たちは事件の通報について相談。児童保護局の職員との面会を求めるなどしていたなか、少年は突然奇妙な行動に出た。

Amazonの母親のアカウントログインすると、彼女のクレジットカードを利用して、高額な『Oculus』製のバーチャルリアリティヘッドセットを購入したのだ。


■「商品が届いたら教えて」

少年はそのVRヘッドセットをこのクリスマスに買ってほしいとねだったが、母親はあまりにも高いため首を縦に振らなかった。少年はこれに腹を立てていたことを認めた一方、「拳銃を指でくるくると回転させていたら暴発した」と主張している。

なお、事件を知った祖母が激しく泣いている様子に「お母さんを殺してごめんなさい」と感情のない声で話したが、その直後に「Amazonで注文しておいた商品が届いたら教えて」と告げ、親族全員を仰天させたという。

■少年のキレやすさに家族も苦慮

少年の姉は、警察の聞き取りに「生まれてからずっと『怒り』の問題を抱えており、常にイライラしながら行動していました」と説明している。

少年と面接した心理療法士が「懸念される心理状況」との診断を下したことをきっかけに、母親は自宅内に防犯カメラを設置。ところが事件の2週間ほど前に、そのプラグが引き抜かれていたこともわかった。


■多重人格者の可能性も

警察はこの家族の親類に広く聞き取りを行い、叔母のひとりが「あの子は母親を殺しても涙一粒こぼさず、後悔や反省の気持ちがみられない」と嘆いたことを明らかにした。

また少年も、事情聴取のなかで「自分のなかに想像上の5人の人格がいて、いつも誰かと話している」と多重人格を思わせる供述をしているという。

もしも裁判で有罪判決を受けた場合、最高で懲役60 年の実刑判決が下る可能性があるようだ。

・合わせて読みたい→12歳息子が母親を誤って死亡させる 「不審者がやった」と嘘の証言するも…

(文/Sirabee 編集部・浅野 ナオミ

10歳少年が高額プレゼントをくれない母を殺害 犯行後にアカウント盗用し自ら購入