お笑いコンビ空気階段の鈴木もぐら(35歳)が、12月6日に放送されたバラエティ番組「ニューヨーク恋愛市場(れんあいしじょう)」(ABEMA)に出演。“嫁に泣かれた話”を告白した。

番組はこの日、ほんの些細なきっかけで“女子が心変わりしてしまった瞬間”について街頭調査を実施。「彼への気持ちが急に冷めた瞬間は?」をテーマに行った調査では、「フードコートキョロキョロしながら自分を探す姿に冷めた」「ドライブデートウィンカーとワイパーを間違える」などが経験談が明かされた。

この街頭調査を見届け、「寝顔を見てヒゲが濃いなと思って冷めた」という経験談に、鈴木は「これもう僕、絶対無理だなって。すごいヒゲなんで」と切り出すと、「逆に、ヒゲ剃ったときに嫁に泣かれたことがある」と告白。

「結婚の挨拶のときに、さすがにヒゲ剃って行こうと思って全部ツルツルにして嫁を起こしたら、『アンタ誰!?』って、その場で大泣きしちゃって」と明かし、鈴木と妻の微笑ましいエピソードに、ニューヨーク・屋敷裕政は「ヒゲ込みで顔が好きやったんやな」とコメントした。