穏やかな佇まいと確かな演技力で着実にキャリアを積み重ね、旬の時期を迎えつつある俳優・奈緒。今秋、ついに民放プライム帯の連続ドラマで初主演の座を掴んだのだ。

日本テレビ系で放送中の『ファーストペンギン!』。タイトルは、最初に海に飛び込む勇気ある一羽を意味する。

――以前、SPA!でインタビューをさせていたいたのが『あなたの番です』でブレイクした翌年のタイミングでした。そこから2年で、民放プライムタイムの主演を務めることについて、勝手ながら感慨深いものを感じています。

ありがとうございます。こうして一度でもお仕事でご一緒したり、取材で話を聞いていただいたりした方から「よかったですね」と言ってもらえたり、喜んでもらえたりするとすごく実感が湧いてきます。でも、今回のドラマもそうなんですけど、主人公1人がファーストペンギン(※最初に天敵だらけの海に飛び込む、勇気ある一羽)なのではなく、彼女に携わる漁師さんも含めてファーストペンギンなんですよね。

――なるほど

一緒に飛び込んでくれる仲間がいるからこそ飛び込めるのであって、私自身も改めて実感するところがありました。どんな仕事をするときでも挑むという気持ちは変わらないですけど、そのなかでもこれだけたくさんの方に見ていただける時間帯で作品を届けられるということは、自分のなかでも大きな挑戦だと思うので、すごく運命を感じています。ここまで来れたのも、周りの方々がいろいろな挑戦をさせてくださったからです。

――では、奈緒さんにとってのファーストペンギン的な経験とは?

「このお仕事をやりたい」と思ったこともそうですが、20歳のときに上京したことはとても大きなタイミングだったと思います。知らない土地ですし、より強く「挑戦したい」と思ったのは上京したとき。自分にとっても大きな決断でした。

――何が背中を押したのでしょう?

地元の福岡で一緒にお仕事してくださった方たちの応援と、自分が本当にお芝居が好きだったという気持ち、この二つにすごく背中を押されたと思います。「上京する」と決めたときはもうそこしか見えなくて、それに向けて一直線だったんですけど、いざ上京してみると、お仕事がない時間のなかで「これで食べていけるのかな」とか「この仕事を何歳まで続けられるんだろう」とか、いろいろ考えるようにはなりましたね。

――そんななか、ドラマや映画、舞台を問わず、これまで実に多くの作品に出演していますが、俳優として大切にしている姿勢や心情は何ですか。

あまり器用ではなく、「本当にこれでいいのかな?」と不安になることもありますが、今年出演した『恭しき娼婦』という舞台の演出を手がけていただいた栗山民也さんに、「決まりきったきれいなお芝居を見たいわけではなく、役者自身が舞台上で悩みもがいている姿を見るからこそ、人々は初めて出会う感情や声に触れ、とても幸せな気持ちになれる」という言葉をいただいたんです。

――深い言葉ですね。

今まで「なんで上手くできないんだろう」と思っていたけど、上手くできなかったり、悩んだり、もがいたりする姿は、あってもいいのかなと。自分の一つの個性として受け入れて、大切に向き合っていこうと思うようになりました。「上手くやろう」「きれいにやろう」ってどうしてもしたくなっちゃうし、もちろんできたらいいですけど(笑)、自分はそっちではないのかなって。そのときの自分ができる精一杯の演技を、役とともにできたらいいなって思っています。

◆■市川実日子からもらった、大切にしたい言葉

――以前、インタビューしたときに奈緒さんが言っていた「恩送り」「俳優は労働者であり表現者でもある」という言葉が印象に残っています。今、奈緒さんが大切にしたい言葉はありますか?

共演するシーンはなかったのですが、先日、『TANG タング』という映画の舞台挨拶の合間に市川実日子さんとちょっとお話させていただいたんです。この作品のことではないのですが、俳優という仕事をするなかで、自分のなかに表現しきれないことへの違和感、後ろめたさみたいなものを時々、抱えてしまうんです、と。

――市川さんは何と答えてくれたのですか。

実日子さんは「すごくわかる」と言ってくださいました。「『表現したい人』と『伝えたい人』がいて、どちらも素敵なことだけど、きっと奈緒ちゃんは『伝えたい人』なんじゃない?」って言われて、それがすごく自分のなかにしっくりきて。

まだ自分は「表現」するというところには至らないかもしれないけど、「伝えたい」という気持ちはあるから、そこをちゃんと見つけて大切にできたらいいのかなと。それは一つの指針みたいに新しく自分のなかにできたと思います。「伝えたい」って、すごくシンプルだけど大切なことのような気がします。

――俳優として「働く」ことや「仕事」としての俳優についての考えを聞かせてください。

今までは「こういう役があるんですけど」というお話をいただいて、一緒にお仕事する方と自分の可能性をどんどん広げていったという感覚があるんですけど、これからは自分自身で広げていける、そういう存在になれたらいいなって、ここ最近すごく感じるようになっています。

今までは自分がお芝居をすることが好き、ということが一番にありましたが、今は毎日お芝居ができるくらい自分が好きなことをさせてもらえているので、その先に、以前話したような「恩送り」として、私に何か返せることは何かと考えたら、エンターテイメントとみなさんをつなぐことなのかなって。具体的にどんなことができるのかはこれから考えて形にしていきたいです。

◆■この秋はちょっと波に乗ってみようかな

――ところで、主役として現場に立つのはどんな気持ちですか?

スタッフのみなさんからすごく見られている感覚があります(笑)不思議なんですけど、ぼーっとしたり、暗い顔をしたりできないな、というか。普段はけっこうぼーっとした性格なのですが(笑)。あとは常に笑っていたいです。

笑うと一体になるというか、自分が笑っていると周りのみなさんも一緒に笑ってくださると思うんです。もちろん、真剣に取り組む瞬間もあると思いますが、それを超えてみんなで笑い合えるような、チームとして一丸となれるような現場にしたいですね。

――意地悪な質問かもしれませんが、いつも穏やかな奈緒さんが普段の生活でイラッとするときはありますか? 

みなさんが思うほど私はいい人間じゃないですよ(笑)。イラつくというより、怒って悲しくなることはたまにあります。けど、役者ってそういった感情を役や演技に昇華できているところがあって。

――どういうことでしょう。

なぜなら、物語以上のイラつくことって、現実ではなかなか起きないと思うんですよ。

――確かに言われてみるとそうかもしれません。

あまりにも劇的なので、自分のなかではそこで昇華できている部分があるんです。例えば、台本を読んでいて「そういえばこの気持ちわかるかも」と思う瞬間があるとして、現実の自分にはできないけど、こうして言語化して相手にぶつけられるのってすごいなって思うし、ならば挑戦してみよう、と役に引っ張られてスッキリできるというか(笑)

――現実でイライラを抱えているサラリーマンは、芝居をしたら発散できるかもしれませんね。

そうかもしれないですね(笑)。ありだと思います。

――奈緒さんはどうしてそんなに堅実というか、浮わついてないんですか? 普通の人なら主役ということだけでもう舞い上がってしまうと思うのですが。

最近、すごく体が硬くなって整体に行ったんですけど、整体師の方に「自分自身を責めいている人の体の硬さだ」って言われたんです。ちょうどその頃やっていた舞台で演じた役の影響なのか、きっとそのときの私は足元を見ようとしすぎて、体が固まっていたのではないかと。

もともと私って「波」にうまく乗れないのが課題というか、ついつい「地に足がついてない」と思って、流れに抗おう抗おうとしてしまいがちなんです。なので、この秋はもうちょっと波に乗ってみようと思っています。あんまり変わらないかもしれませんけど(笑)

【奈緒】
‘95年、福岡県生まれ。′13年『めんたいぴりり』でドラマ初出演。主な出演作はドラマのの湯』『あなたの番です』『演じ屋』、映画『事故物件 恐い間取り』など。主演ドラマファーストペンギン!』は日本テレビ系にて放送

撮影/尾藤能暢 取材・文/中村裕一 ヘアメイク/竹下あゆみ スタイリング/岡本純子 編集/森ユースケ

【中村裕一】
株式会社ラーニャ代表取締役ドラマや映画の執筆を行うライターTwitter@Yuichitter

奈緒