安田大サーカス・クロちゃん

7日放送の『水曜日のダウンタウン』(TBS系)では、人気企画「MONSTER LOVE」第4回を放送。安田大サーカスクロちゃんの衝撃行動に、スタジオが凍りついた。


■ボディタッチで攻める「ミク」

クロちゃんのことが好きな女性」を9人集め、そこからクロちゃん本人が1人を選ぶ。その人と恋愛関係になるという内容の企画だ。しかし実際には、うち数人は好きな“フリ“。それぞれの女性と接しながら、演技ではない、自身のことを本当に好きな人を探す、というのが真の趣旨だ。

第3回までの放送で5人が脱落し、今回は残る4人でクロちゃんを取り合う展開に。中でもボディタッチの多いミクは、クロちゃんと2人になるとじっと見つめ、抱き寄せて頬をつけるなど、大胆な行動を取りはじめる。


関連記事:クロちゃん、『水ダウ』出演女性と咀嚼物を見せ合い… 新企画の一幕に騒然

■初のサスペンスな展開に

そんなミクは、料理学校に通っていた経験を活かし、クロちゃんのためにクッキーを焼く。5人が泊まる家の前で花火をし、みなで食べようと、リビングの扉を開けたところで事件が…。

なんと、そのクッキーが粉々に割れているのだった。泣き出すミク。互いに疑心暗鬼になり、同じく涙を流すメンバー

予想外サスペンスな展開に、番組側が仕掛けたものか、メンバーのうち誰かが嫉妬心などから行ったのか、ネット上では推理合戦となったのだが、終盤に“最恐”の種明かしがされる。


■バカリズムも唖然

それは、クロちゃん自身が割った、というもの。スタッフが考えたものではなく、クロちゃんが「ぐちゃぐちゃにすることによって、彼女たちがどういう立ちふるまいをするのか、(中略)僕は見たかった」という理由で、やったのだと告白。

これに、VTRを観ていたバカリズムは「すごいすごい」と唖然。他メンバーも、「やば」「怖っ」とドン引き視聴者からも「さすがクロちゃん! ヤバさが加速していく」「鳥肌立った」「普通に戦慄」と多くの反応が寄せられていた。


■新たな事実とは…

今回、番組では新たな事実を発表。それは、クロちゃんを好きなフリをしている女性は、アイドルを志望し、無事にクロちゃんに好きになってもらえれば、その道を約束されるというもの。

涙を流したり、ボディタッチをしたりと積極的になるのには理由があったのだ。この新展開に「最初からもう1回観たい」「なんか腑に落ちた…」と多くの反応が寄せられた。


『水曜日のダウンタウン』はTVerで12月14日まで視聴可能

・合わせて読みたい→クロちゃん、『スッキリ』放送後も“みちょぱ愛”暴走 「NGにしないでー!」

(文/Sirabee 編集部・東水 壮太

クロちゃん、『水ダウ』で女性の手作りクッキーを粉砕 理由に視聴者戦慄