都道府県別の「魅力度」に関するランキングで“下位常連県”といわれている茨城県。しかし実際には、他にはないさまざまな魅力がたくさんある県です。そんな「茨城県の魅力」について、AlbaLink(東京都江東区)が運営する“訳あり不動産”情報メディア訳あり物件買取プロ」が調査を実施。その結果をランキング形式で発表しました。

食いしん坊には最高」との声も

 調査は2022年10月から11月にかけて、全国の男女を対象に、インターネットリサーチで実施。計428人(男性204人、女性224人)から有効回答を得たものです。なお、回答者の年代は、10代1.2%、20代17.5%、30代33.2%、40代30.1%、50代14.0%、60代以上4.0%となっています。

 3位は「交通アクセスが便利」(103人)です。つくば市、守谷市などの県南地域は、東京まで1時間程度で行けるため、「東京など都会へのアクセスがいいので、買い物や遊ぶ場所に困らないところ(25歳女性)」「つくばエクスプレスができて、交通の便がよくなった(55歳男性)」といった声が多く寄せられました。県内にある茨城空港常磐道圏央道を利用すれば、飛行機や車での移動もスムーズです。

 2位には「食べ物がおいしい」(142人)がランクイン。海と山に囲まれている茨城県は、海産物や農産物に恵まれエリアです。そのため、「海の幸も山の幸も豊富で、食いしん坊には最高です(43歳男性)」「鮮度のいい魚介類が身近で入手できる(58歳男性)」など、豊かな食を魅力と感じる人が多いことがうかがえる結果となっています。

 そして、1位となったのは「豊かな自然」(150人)でした。「海と山どちらもあり、たくさんの自然に囲まれているところ(39歳女性)」「自然豊かで、海もとてもきれいなのが魅力的です(49歳女性)」など、自然の風景を楽しめるスポットが豊富な点を魅力に挙げる人が多数でした。筑波山や大洗サンビーチ海水浴場、霞ヶ浦、袋田の滝などがある茨城県は、「自然を身近に感じながら暮らしたい」人にぴったりの県といえるでしょう。

 調査結果を受けて、同社は「『都内へのアクセスは確保しつつ、自然豊かな環境でのんびり暮らしたい』という人にとって、茨城県は魅力的といえそうです」とコメントを寄せています。

オトナンサー編集部

茨城県の「魅力」1位は?