ビデオ通話・タブレット

人生にはいつ、どんな出会いがあるか分からない。めったに会えない遠く離れた相手と何かの縁でつながることも、大切なひとつの「出会い」だ。

国境を越え、85年にもわたり文通を続けてきた友人同士が、このたび初めてのビデオ通話を果たしたという。イギリスの『Daily Mail』やアメリカの『NEW YORK POST』が報じている。


■教育プロジェクトで出会う

イギリス・デヴォン州のホニトンに住むジェフバンクスさんと、アメリカ・テキサス州に暮らすセレスタ・バーンさんは、20代の頃に知り合った。

1938年イギリスアメリカの若者をつなぐ架け橋として、ある教育プロジェクトが開催され、そこにふたりは参加。別れ際にセレスタさんはジェフさんに住所を教え、文通が始まったという。


関連記事:結婚した夫がまさかの「女性だった」と気づかず新婚10ヶ月 職業詐称と発覚し…

■波乱の時代でも文通を

以来ふたりの文通は続いたが、やがて世の中は第二次世界大戦に突入。6年間続いたこの戦争で、推定5,000万人もの人々が命を落とした。

なんとか生き延びたふたりは、世界恐慌など次々と波乱が続くなかでも、互いの生活状況や経験など、日々の様子を共有し合ってきたという。


■100歳の記念にビデオ通話

そして文通開始から64年の月日が経過した2002年ジェフさんがニューヨークを訪れた際に、ふたりは再会を果たした。

その後もふたりの交流は続き、やがて文通はEメールへと変化。そして先日、ともに無事100歳を迎えた記念にと、ふたりはそれぞれの子供たちにパソコンの操作を教わりながら、初めてのビデオ通話に挑戦してみた。


■ふたりの間にロマンスは?

メディアの取材のなかで、「ふたりの間にロマンスが芽生えたことは?」と尋ねられると、ふたりは口を揃えて「ノー」と回答。あくまでも「隣の家に住む幼馴染のような存在」なのだそう。

ただし「僕にとっては、彼女に手紙を書くことが生きるうえでの大きな励みでした。彼女はとても話しやすいんです」とジェフさん。セレスタさんの存在感はとても大きいようだ。

文明の利器のおかげで、遠く離れた相手の様子をしっかりと感じられるこの時代。ふたりはこれからもビデオ通話を楽しみ、友情を育んでいくつもりだという。

・合わせて読みたい→51歳男性が”息子の元カノ”27歳女性と熱愛し結婚 「初めて会ったとき彼女は11歳」

(文/Sirabee 編集部・桜田 ルイ

国境を越え85年も続いた男女の文通 ともに100歳迎え初ビデオ通話に大感激