見た目でビビるけど乗ったらアレ? ガチでコンビニへの足に使える「一見乗りにくそうな」クルマ5選

この記事をまとめると

■見た目以上に実用性の高いクルマピックアップ

■最新のテクノロジーや制御方式を導入しているおかげで街乗りも快適傾向にある

■買い物の足として使える上に刺激的な仕様なので日常生活が楽しくなるだろう

想像以上に実用性が高いクルマたちをピックアップ

「人は見た目で判断してはいけません」とよく言われますが、それはクルマも同じかもしれません。

 小さなボディでも爆発的なパワーに驚くクルマもあれば、いかにも乗りこなすのが難しそうなスポーツカーなのに、街なかでも快適なクルマもあるものです。今回はまさにそんな、どう見ても普段の買い物に乗りまわすのは気を使ったり大変そうなのに、意外や鼻歌まじりでラクに運転できるクルマたちをご紹介したいと思います。

 まずは、スーパーカーの象徴とも言えるガルウイングのドアや、低く流麗なスポーツカーの王道をいくスタイリングをもつ、マクラーレンGT。後方に4.8リッターのV8ツインターボエンジンが鎮座する、マクラーレンを代表するモデルです。でも、外観からは浮世離れしているように見えるものの、じつはヨーロッパ大陸の横断も可能な快適性と実用性を兼ね備えた、グランドアラーとして仕上げられているのがこのクルマの特徴。

想像とは裏腹に”超”乗りやすい足車扱いできるスーパーカー5選

 なんとエンジン上部のラゲッジスペースには、ゴルフバッグやスキー板なんかも積載可能な実用性を持ち、フロントフードの下にも買い物袋はもちろん、トゥミのトラベルバッグがすっぽりと収まる設計となっているんです。これならスーパーマーケットだけでなく、インテリアショップに行ったって好きなものが買えそう。運転しても低速からなめらかで、とても扱いやすいエンジン特性なのも使いやすいポイント

想像とは裏腹に”超”乗りやすい足車扱いできるスーパーカー5選

 しかも感動するのはハンドルの握り形状で、丸ではなくティアドロップ型なので、手の小さな人でも吸い付くように握りやすくなっているのです。こうした細かな部分までのこだわりが感じられ、きっと毎日快適にドライブできることでしょう。

想像とは裏腹に”超”乗りやすい足車扱いできるスーパーカー5選

 2台目は、スーパーカーブランドとして不動の地位を築いているランボルギーニ初のSUV、ウルス。5mオーバーの巨体に、飛行機プレミアムシートのような4座を備える空間は、もはや地上のプライベートジェット的な存在感です。

想像とは裏腹に”超”乗りやすい足車扱いできるスーパーカー5選

 4リッターV8エンジンで最高出力650馬力、最大トルク850Nm。踏み込めば怒涛の加速を見せてくれるのですが、6段階のドライブモードが選べる「ANIMAアニマ)」があって、STRADAを選べば穏やかな加速フィールで扱いやすく、乗り心地もすこぶる快適。オフロードに適したモードもあるので、ちょっとした山道や雪道なども頼もしく走れるため、降雪地域の人にもおすすめです。

超本格的なスポーツカーと思いきや日常使いも問題なし!

 3台目は、ショーファードリブンとして「自分で運転するよりも乗せてもらう」というイメージをもつ人も多い、メルセデス・ベンツSクラス。ボディサイズが標準で5.1m強、ロングで5.3m近いという大きさで、4WDということもあって、狭い街中では取りまわしに苦労しそうな予感プンプンですが、実際にSクラスを運転してみると、思ったよりずっとUターンや車庫入れなどがラクで驚きます。

想像とは裏腹に”超”乗りやすい足車扱いできるスーパーカー5選

 というのは、「リア・アクスステアリング」という4輪操舵システムが搭載されているので、60km/h以下で走っているときには最大約4.5度の範囲で逆位相に操舵され、小まわり性能を高めて軽快に走らせてくれるのです。また、生体認証で適切なシートポジションに自動調整してくれたり、安全運転をサポートする最新技術もモリモリで搭載。

想像とは裏腹に”超”乗りやすい足車扱いできるスーパーカー5選

 もちろん、物理的なボディの大きさは変わらないので、入れない道もあるのは確かですが、十分に買い物のアシとしても快適なクルマと言えるでしょう。

 4台目は、2022年11月27日タイプR誕生30周年を迎え、その最新モデルとして登場した新型のホンダシビック タイプR。ルノーメガーヌR.S.と長年にわたり、FF乗用車の世界最速タイムを競っている4ドアスポーツカーです。

想像とは裏腹に”超”乗りやすい足車扱いできるスーパーカー5選

 大人っぽく流麗なスタイルになったとはいえ、ホイールから覗く真っ赤なブレーキキャリパーや、大きなリヤウイングなど、見た目の迫力はやはりタダ者ではないオーラを放っているので、乗りにくそうだなと感じるかもしれません。でもこの新型では、運転に夢中になれるような痛快なドライビングフィールとともに、日常のドライブでの快適性も追求されており、コンフォートモードを選ぶとまるで上質なセダンのように、優雅なクルージングも可能。

想像とは裏腹に”超”乗りやすい足車扱いできるスーパーカー5選

 6速MTですがシフトチェンジの回転数を自動的に合わせてくれる機能があり、まったく難しさやガクガクするような違和感もなく、自然で気持ちのいい操作感。まるで自分の運転が上手くなったかのようで、いつもの買い物への道もウキウキしてしまいそうです。

 5台目は、2021年に登場した新型のシボレー・コルベットアメリカン・マッスルカーの代名詞的存在で、憧れている人も多いのではないでしょうか。新型は初めてミッドシップレイアウトに変更され、6.2リッターV8エンジンが後方に搭載されています。最高出力502馬力、最大トルク637Nmという、恐るべきパワーの持ち主。

想像とは裏腹に”超”乗りやすい足車扱いできるスーパーカー5選

 ですが、選択された走行モードに応じてパワーステアリングや可変ダンパーパワートレインブレーキフィールエンジン音、トラクションマネジメントシステムの制御が切り替わる機能があり、普段のドライブに最適な「ツーリングモード」にしておくと、とても上品で柔和な操作感と乗り心地にビックリ。これならロングドライブも超快適だと思えるほど。

 しかも、フロントフードの下と後方にある収納スペースの容量は、前後合わせて356リットルほどあるというのですから、実用的なコンパクトカー程度は確保されているということ。日常のアシとしても活躍してくれるはずです。

想像とは裏腹に”超”乗りやすい足車扱いできるスーパーカー5選

 ということで、見た目はどれも実用性がなさそうで、運転しにくそうなイメージクルマたちですが、意外にも買い物のアシにできちゃう実力の持ち主。何より、こんなクルマたちと一緒なら、いつもの道がとても楽しくなりそうですね。

見た目でビビるけど乗ったらアレ? ガチでコンビニへの足に使える「一見乗りにくそうな」クルマ5選