2022年、日刊SPA!で反響の大きかった記事からジャンル別にトップ10を発表。今年、大きな影響があった「ニュース」部門の第8位は、こちら!(集計期間は2022年1月~11月まで。初公開日2022年2月1日 記事は取材時の状況)
 *  *  *

 新型コロナウイルスにより多くの自粛要請が出されてきたが、飲食店の対応もさまざまである。なかには、従わない店もあるが、いざ感染してしまったら……。ある飲食店店主の“誤算”とは!?

コロナ禍で営業していた飲食店店主の“誤算”

 九州地方で複数の飲食店を経営する野口徹さん(仮名・50代)は、国や自治体の要請などには従わず、これまで一貫して営業を続けてきた。無論、協力金などは受け取らず、コロナ禍の約2年間を過ごしてきたことが“自慢”だった。

コロナなんて風邪だから。インフルと同じだよ! なのに大騒ぎしてさ、馬鹿じゃねえかって話だよ!」

 野口さんは以前、そんなことを口にしていたという。一方、店を訪れる客も「酒でコロナを消毒する」などと言っていた。しかし、従来より感染力が強いとされるオミクロン株が流行するようになると事態は一変した。

◆みんな理解してくれると思っていたのに…

「ちょっと体がだるいと思っていたけど店に立ったんですよ。そしたら翌日は頭痛がして。ただ、熱もないし、やっぱり風邪かと思いました。でも、家族がいるでしょう? 嫁から“一応検査して”って言われてね。そしたら感染してるのがわかった。感染経路で思い当たる節と言っても、どの客なのか、もしかしたら家庭内かもしれないし、よくわからんのです」

 ほんの2日前まで「コロナはたんなる風邪」と豪語していた野口さん。幸いにも症状は深刻ではなく、“少し店を休んで再開すればいい”と考えていたのだが、保健所からは「この数日間に店を訪れた人に連絡をして」と通達があった。

 客には「もう全員感染しているさ、無症状なだけで」と言っていた手前、自らの感染を告知するのは気が引けた。それでも、軽い風邪のような症状だったこともあり、正直に話せば客も理解してくれる、そう思っていた。しかし……。

◆店で飲んでいた客からは「どう責任を取るのか?」

「何人かの客から、実は俺も調子が悪いと返信があり、その翌日にはそのうち数名から“コロナに感染した”と連絡があったんですわ。ごめんね、で済むと思っていたら、全員が“どう責任を取るのか?”と言ってきてね。いや、びっくりですよ。こうなることも覚悟して飲んでいたんでしょう? そう言いたかったけどね……」

 現時点で、店の客で感染が判明したのは4人。保健所にもしっかり説明したが、クラスター(集団感染)認定はされなかったという。感染した客は、症状が軽いのだったら医療機関は受診せず、自宅で安静にしろと指導された。そして、不安になった客の不満は、野口さんに向けられたのだ。

クラスターなのに発表されていないのは俺が隠しているから、なんて言う客までいました。ふざけるなと思いましたが、そもそも感染源が俺なのか? という疑問もある。でも、やっぱり謝るしかない。身から出た錆とはいえ、結局みんな感染するとこうなっちゃうんだなと」

◆感染後の想像が足りなかった

 野口さんは、今になって思うことがある。それは、感染した人にしかわからないツラさを、感染したことがない自分たちがまったく想像していなかった、ということである。

「感染して初めて、自分は一人じゃなかった、自分の言動には大きな責任が伴うって痛感しました。私が家にいると、子どもにうつってしまう可能性がある。そうなれば、学校に行けなくなるばかりか、学級閉鎖や休校になる。

 感染した客のなかには、糖尿病で高齢の母親と二人暮らしという人がいたようです。母親にもうつしちゃって、コロナの症状は出ていないけど、糖尿が悪化したとかで、電話で何時間も恨み節をぶつけられた。お前らも承知のうえで飲みに来ていたんじゃないかと頭にきたけど、こうなると反論の余地なんかないわけ」

◆噂はあっという間に…

 噂はあっという間に広がった。当初は自分が休んでいる間、店を部下に任せておけばいいと考えていたが、近隣店舗からも「営業するな」と釘を刺されてしまい、休業せざるを得ない状況に追い込まれた。

 野口さんは「コロナなんて気にしない」と豪語していた日々を遠い昔のように振り返る。同時に湧き上がってくるのは後悔の念だ。

「結局、感染したことがないヤツは何とでも言える。今は自分の愚かさを恥じるばかりだけど、それも感染したからこそわかったこと。当然、手のひらを返す客がいることも、全く想定していませんでした」

 つい先日まで仲間だと思っていた人たちは、誰もいなくなってしまった。それどころか、ほとんどが敵になってしまったと感じている野口さん。はっきり言えば「自業自得」そのものだが、彼の経験から我々が学ぶことは少なくないはずだ。

<取材・文/山口準>

【山口準】
新聞週刊誌、実話誌、テレビなどで経験を積んだ記者。社会問題ニュースの裏側などをネットメディアに寄稿する。

―[2022年トップ10「ニュース」部門]―


※写真はイメージです(Photo by Adobe Stock)