ドイツ、スペインを倒した日本は本当に強い? 城彰二が分析する森保ジャパン“真の実力”と、クロアチア戦“勝利の可能性”「ベスト8進出の確率は…」 から続く

 カタールW杯で見事グループステージを突破したサッカー日本代表は、決勝トーナメント1回戦で前回大会準優勝のクロアチアと対戦。激闘を演じたもののPK戦の末に敗れ、目標としていたベスト8には惜しくも届かなかった。

 元日本代表FWで、現在はサッカー解説者として活躍する城彰二氏は、クロアチア戦の敗戦をどのように分析するのか。そして、カタールW杯で見えた日本代表に“足りなかったもの”とは――。

◆◆◆

疲れていたクロアチアに対して、積極的な采配をするべきだった

――クロアチア戦は、PK戦の末に敗れ、日本はベスト16で今大会を終えました。

城彰二(以下、城) 残念過ぎますね。あのクロアチアに勝てないのであれば、もう勝てないですよ。

――「あのクロアチアに勝てないのであれば」というのは、森保一監督の采配に問題があったということでしょうか。

城 クロアチアは、グループリーグからほとんどメンバーを交代せずに戦っていたので、相当疲れていて動きが鈍かった。モドリッチも動けないので、中盤でゲームを作れず、DFラインに下がってボールを受けるなど、強いクロアチアというよりも最弱のクロアチアだった。

 その相手に対して先制して、後半もう1点取りに行くのかなと思ったら同点ゴールを許してしまった。それなのにしばらくは何の動きもなく、後半19分に浅野(拓磨)と三笘(薫)を入れた。でもそれって、ただスタメンの選手が疲れたから交代したという感じで、戦術的な変化は何も生まれていないんですよ。

 相手が動けていないのは前半から分かっていたはずだから、90分で決めにいくぞっていう積極的な采配をしてほしかったですね。

――どの選手と交代し、どのように戦術面での変化を求めるべきだったのでしょうか。

城 前半から長友(佑都)がサイドで何度もボールをもらっていい形を作っていたけど、彼は仕掛けるタイプじゃない。だったら後半開始から三笘を入れて、左サイドの攻撃を活性化させればよかった。相手のウィークポイントを突くのが定石なのに、それをしないし、三笘を入れてからも彼を活かすことをしませんでした。

 三笘にもっとボールを集めるとか、突破させるためにスペースを空けようとか、サポートするとかいう動きも一切なかった。三笘をもっと活かせば、2点目が取れたかもしれないし、彼のドリブルで相手のディフェンスラインを下げさせていれば、後半の失点も生まれなかったと思います。三笘のような選手を入れてもそれをチームとして活かすことができないのは、チームに攻撃のコンセプトがないという証拠ですよ。

――いわゆる連動した動きがなく、みんなバラバラで動いていたということですか。

城 そうです。ドイツスペインのように相手が強くて、受け身で対応してカウンターを狙うのはできる。でもコスタリカ戦やクロアチア戦のように、ある程度自分たちでボールを保持して主導権を握った時には、攻撃で何もアクションを起こせない。

 個の力だけでなんとか崩そうとしているのに、三笘の例のように個を活かそうとしていない。コンビネーションで打開するプレーもまったくない。あれじゃあ、いくら疲れているクロアチアでも崩せるわけがないと思って見ていました。

リアクションサッカーでは日本サッカーの将来につながらない

――クロアチア120分凌ぎ切ったことが、PK戦での勝利につながった。

城 そう感じます。PK戦に入った時、日本は準備していなかったから、その場で順番を決めていた。正直、もう負けたような雰囲気でした。

 逆にクロアチアは延長に入った時、PK戦まで見据えて、リスクを負わずに戦っていた。かなり疲労困憊だったと思うけど、PKにいけば勝てるという雰囲気でした。それが現実になってしまいました。

――今回、世界を驚かせたドイツ戦、スペイン戦の勝利は、どう捉えたらいいのでしょうか。

城 結果としては、すごいこと。交代選手やシステムを変化させて、後半に試合をひっくり返して勝ったことは評価できると思います。選手も強豪相手に守れたこと、何とか耐えて勝てたことに自信を持つことができたはずです。

 でも別の視点から見ると、そういうやり方がたまたまその2試合にハマっただけとも言えるし、それが次の日本サッカーに繋がるとは思いません。

 もともと日本はリアクションサッカーができるんですよ。相手がアクションを起こしてきた中で、どう対応するのかは分析も含めて出来るし、南アフリカW杯での戦いでそれは証明されているわけです。でも、コスタリカクロアチアには、そういうサッカーだと勝てない。

――これからの日本代表に必要なのは、リアクションではなく、能動的に動くアクションサッカーですか。

城 ブラジルフランスなどベスト8に残っているチームは、どこもアクションサッカーで連動した攻撃が持ち味で、いろいろな崩しができるんです。

 一方で日本は、それができなかった。でも、それをできないで終わらせてしまうのは非常にもったいない。だって、今の日本代表は海外でプレーしている選手がほとんどなんですよ。

――選手がある程度揃っているけど、できないのは何が原因なのでしょうか。

城 森保ジャパンの攻撃は、いつも両サイドの三笘と伊東(純也)にお願いするみたいな感じでした。これは裏を返せば、この4年間で森保一監督が攻撃におけるコンセプトの落とし込みをしなかったということ。親善試合とかを攻撃の構築をする場ではなく、メンバー選考の場にしていたということなんです。

 やっぱりある程度戦うメンバーを決めて強化に時間を割かないと連動性は生まれないし、W杯の本番前にちょっと話をしただけでコンビネーションがうまくいくわけがない。森保監督が選手をリスペクトしているのはすごく分かるけど、形を作るためには監督が明確に指導しないとダメなんです。

 自主性を重んじて、自由にやらせていては時間がかかる。まずは監督がひとつの形を作って、それをベースにいろんなやり方にトライしたらいいのですが、そのベースがないのですべて選手任せになってしまう。攻撃については何も積み上げがないままW杯が終わってしまった感じです。

――多くの人は、ドイツスペインに勝ったんだからという見方をしていると思います。

城 そう考えるのは危険ですよ。僕は、コスタリカ戦とクロアチア戦の2試合で勝てないのが今の日本の実力だと思っています。もちろん、同じくベスト16のPK戦で負けた南アフリカW杯の時よりも、選手個々のレベルは格段に上がったと思う。

 でも、チームとして戦う場合、そのレベルが活かされていない。僕は、鎌田(大地)のようにもっとお互いに要求すればいいと思うんです。コミュニケーションを取っていると言っていたけど、必要なことを要求し、意見をぶつけるとか、そういう“本当のコミュニケーション”が取れていたのかなと疑問に思いますね。

日本サッカーがこれから進むべき方向性は?

――今後、日本サッカーは、どういう方向に進んでいくべきでしょうか。

城 目指すべきサッカーは、自分たちがボールを保持して攻撃するアクションサッカーでしょう。今回のように選手任せの戦術だと、選手の調子の良し悪しに試合結果が左右されてしまう。攻撃のコンセプトを打ち出して4年間で積み上げていかないと、またコスタリカ戦と同じことが起きてしまう可能性が高い。

 選手個々のレベルを上げるのが大前提になるけど、それと同様にチームの強化というか、コンセプトをしっかりと落とし込んでいかないといけないですね。

――そのためには、中軸になる選手を固定していく必要がありますね。

城 これからは、カタールW杯でプレーした東京五輪世代が中心になると思います。DFリーダーには冨安(健洋)がなるでしょうし、攻撃陣では本来なら久保(建英)が中心になるべきだと思うんです。でも久保は今回のW杯で輝きを放てなかったので、これからどこまで力をつけていけるか。

 あとは、堂安(律)、三笘、田中(碧)に加えて、パリ五輪世代の選手を入れていくことになると思います。

――時計の針を戻すなら、どこに戻したいですか。

城 クロアチア戦の後半開始から選手交代をして、一気に試合を決めたいですね。2点目を早めに取れていればすごくラクに戦えたと思うし、ベスト8は絶対に行けたと思います。だから、ほんとうに悔しいですよね。僕は、今大会を含めた決勝トーナメントに進出した4大会のなかでも、ベスト16の壁を越える最大のチャンスを逃したと思っています。

(取材・文=佐藤俊)

(城 彰二)

森保一監督率いるサッカー日本代表は、カタールW杯の決勝トーナメント1回戦でクロアチアに敗れた ©JMPA