俳優・吉沢亮(28歳)が、ソフトバンクが発売する“神ジューデン”スマートフォンイメージキャラクターに起用され、12月14日より新CM「神ジューデン登場」篇の放映を開始する。それに伴いインタビューに答え、2022年の感想と、2023年の抱負を語った。

今回のCMは、ソフトバンク12月16日に、たった19分でバッテリー100%充電できるスマホXiaomi 12T Pro」を国内独占発売するのに先立ち放映するもの。放映時期が年末ということで、「今年一年を振り返っての感想と来年の抱負をお聞かせください」との質問を受ける。

これに吉沢は「今年は舞台から始まって、民放のドラマに出演させていただいて、しかもゴールデン初主演という新しい挑戦もできましたし、映画も公開されて、いろんなステージでいろんなことをやらせていただいた感じがしますね。とてもアウトプットが多い年でしたが、そのアウトプットが逆にインプットにもなったというか。いろいろ勉強させてもらえた一年だったなと思います」と2022年を総括。

そして来年は「少し休みたいですね。もちろんいろいろな作品に関わらせていただきたいなという思いもありつつ、自分の中で、一旦ちょっと休憩してもいいのかなと思うタイミングでもあるというか。休んでいる期間は、何もしたくないですね。家でゲームをして、漫画を読んで、自堕落な生活を送りたいです(笑)」と語った。