詳細画像はこちら

難航する自動運転車開発 計画はスケールダウン

アップルは、開発中のEVの発売時期を約1年延期するとともに、完全な自動運転車とする目標を断念したという。米Bloombergが報じた。

すべての画像をみる 全61枚

Bloombergは、この問題に詳しい関係者の話として、アップルは現在の技術では完全な(レベル5の)自動運転は不可能という見通しに直面していると伝えている。

詳細画像はこちら
アップルカー」はハンドルもペダルもない、ミニバンサイズの自動運転シャトルになると考えられていたが、今では一般的なデザインに変更されているようだ。(画像は予想レンダリングCG)    AUTOCAR

今後は自動車専用道路での自動運転実現に注力すると報じられていることから、GMの「スーパークルーズ」やフォードの「ブルークルーズ」のような、レベル2以上の先進運転支援システムADAS)が代替案として検討されていると予想される。

また、メルセデス・ベンツEQSやSクラスに搭載されているようなレベル3も視野に入っているかもしれない。レベル3は、あらかじめ設定された(ジオフェンスで囲まれた)区域で、限られた条件下でのみ機能するもの。悪天候や道路工事などの障害物回避にはドライバーの操作を必要とする。

アップルはこれまで、「Project Titan(タイタン計画)」の名のもとに、同社初の自動車として完全自動運転車の開発を進めてきた。以前は、リムジンのような座席を備えたミニバンサイズのシャトルとなり、ハンドルやペダルは省かれる見込みだったが、現在の計画では人間の操縦に必要な装備を持った一般的なデザインになるとされている。

今年8月の時点で、アップルは自動運転車のデザインを社内で承認したとする報道もあったが、根本的に見直されているようだ。

こうしたデザイン変更により、開発スケジュールは1年ずれ込んだ。Bloombergが伝えるところによると、2024年まで研究開発が続けられ、2025年に試験運用、2026年に発売されるという。

アップルは、まだ車両のベースとなるプラットフォームや製造パートナーを確保していないと考えられる。イタリアスーパーカーメーカーであるランボルギーニの元シャシー担当者(ルイージ・タラボレッリ氏)を採用していることから、同社独自のプラットフォームを開発する可能性もある。

これは、自動車部門に参入するライバル企業のアプローチとは異なる。ソニーホンダと合弁会社を設立し、ファーウェイは中国メーカーのSeresと提携、フォックスコンは既存の自動車メーカー向けにプラットフォームを製造している。


■EVの記事
アップル初のEV 完全自動運転の開発断念? スケールダウンで発売1年延期
電動化してもゴルフは不滅 フォルクスワーゲン 9代目は「IDゴルフ」の可能性?
ホンダNバンベースの新型「軽バンEV」発売へ 100万円台目指す 2024年春登場
フォルクスワーゲンID.バズ日本初披露 12/12オープン、フォルクスワーゲン「ID.スクエア」にて

■自動運転の記事
アップル初のEV 完全自動運転の開発断念? スケールダウンで発売1年延期
「軽」にも「上級車」にも! 次世代ホンダセンシング360とは 2024年以降、グローバル展開
フォルクスワーゲン アルゴAI閉鎖も自動運転に重点 今後10年で世界の主流に
最新の自動運転で大都市を走る 中国製EVにバーチャル試乗 渋滞もスムーズ

アップル初のEV 完全自動運転の開発断念? スケールダウンで発売1年延期