画像はイメージ

画像はイメージ

薄給がゆえに、生活の一部を親に頼らざるを得ない状況の人もいる。青森県の30代前半男性(その他/正社員・職員/未婚)は「手取りは月19万円で、通信費や保険は親に払ってもらっている。そうしないと貯金ができない」と語る。

「雪国だが車に乗れないため、原付で年中移動している。仕事は楽しいが、それ以外は面白味はない。実家から離れて青森で暮らしているが、仕事でなければすぐに帰りたい」

慣れない土地に来てまで仕事をして、十分な給与をもらえないのはつらいだろう。キャリコネニュースには、この男性以上に手取りが少ない読者からも薄給を嘆く投稿が寄せられている。(文:福岡ちはや)

※キャリコネニュースでは「手取り20万円以下の人」にアンケートを実施しています。回答はこちらから https://questant.jp/q/94ZJP3D8

「親の温情で生活費を月に3万円ほど入れるのみ。一人暮らしは難しい」

IT・通信系の会社で働く20代前半女性(宮城県/正社員/未婚)は、手取り13万4000円。現在実家暮らしをしている彼女は、「ライフラインである車を持つことができないくらいの給料です」とこぼす。

「親の温情で生活費を月に3万円ほど入れるのみで暮らしていますが、一人暮らしは難しいと感じています。この先はいったん会社を辞め、転職して給料支給額の高い会社に入るために専門学校に入りなおそうかと思っています」

生涯にわたり親が援助してくれればいいが、そういうわけにもいかない。きっと不安や焦りもあるだろう。正社員として人を雇用するからには、せめて問題なく自活できるだけの給与くらいは保証してほしいものだが。

30代でも…「手取り月19万円。通信費や保険は親に払ってもらっている」という男性