先月27日、アメリカのある民家で火災が発生した。当時、飼い主の男性は昼寝中で、彼を起こしたのは愛犬のピットブルだったという。男性が目覚めた時は家の中が炎と煙に包まれており、その熱によりすべての窓が割れていたそうで、間一髪のタイミングで脱出できた男性は愛犬について「私にとってヒーロー」と語っている。『ABC News』などが伝えた。

米カンザス州ウィチタ在住のタイラー・ルヴェルさん(Tyler Revel、41)は11月27日、自宅で昼寝をしていたところ愛犬のピットブル“モンロー(Monroe、6)”に起こされた。

目が覚めてすぐに火災が発生していることに気がついたというタイラーさんは、当時の状況をこのように振り返っている。

テレビサッカーを見ながら眠ってしまったのですが、モンローが私の頭を軽くつつきクンクンと鳴いて起こしてきました。目を覚ました時は寝室から廊下を隔てて真向かいにあるバスルームがすでに炎に包まれていて、家の中が黒い煙で充満し何も見えない状態だったんです。それに火災による熱ですべての窓が割れていました。私はモンローを抱いてすぐ外に飛び出しましたが、ギリギリのタイミングで避難することができたんだと思います。」

地元メディアによるとその日の夕方、爆発音を聞いた近隣住民が911(緊急ダイヤル)に通報したそうで、火災によりプロパンガスのタンクが爆発した可能性があるとのことだ。

そして午後6時半頃、ウィチタ消防署の隊員が現場に到着した際には家の裏から激しい炎が見えたという。

その後、火はすぐに消し止められ、幸いにも他の家屋への被害や負傷者は出なかったが、タイラーさんがこれまで9年間暮らしていた家は壊滅状態となった。

また彼の家ではモンローの他に猫の“ブー(Boo)”を飼っていたが、火災後に行方が分からなくなってしまった。

タイラーさんは家の周辺を捜し回ったり、動物保護施設に電話で問い合わせたりしたが現在も見つからず、「ブーのことはまだ諦めたくはありませんが、何も手がかりがないのでとても辛いです」と話している。

ウィチタ消防署のホセ・オカディス消防指令長(Jose Ocadiz)によると、出火元は家の裏にあるデッキと断定されたという。その日の午後に住人がデッキで喫煙したことが明らかになっており、火の不始末により火災が発生したと考えられている。

現在は友人宅に滞在しているというタイラーさんは、危険を察知して素早く行動したモンローのおかげで命が助かったとしてこのように述べている。

「モンローは私にとってヒーローです。世間ではピットブルは攻撃的だと言われていますが、そこまで悪い犬種ではありません。今回の出来事を通じてピットブルがとても忠実な犬であることが証明されたのです。火災の原因については電気系統から出火した可能性もあると言われているのではっきりとしたことは分かっていませんが、今は私たちを受け入れてくれた友人に感謝し一日一日を大切に過ごしています。今後は同じ土地に家を建て直すよりも、モンローと一緒に新しい家に引っ越して再出発できたらと考えています。まるですべてをゼロからやり直すような感じですね。」

画像は『ABC News 2022年12月2日付「Man credits dog with saving his life in devastating house fire」(KAKE)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 上川華子)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト