画像はイメージ

画像はイメージ

マイホームの購入は人生で一番大きな買い物といわれるが、果たしてどんなタイミングで踏み切ればいいのだろう。キャリコネニュースで「家を買ったタイミング」についてアンケートで尋ねたところ、ある男性読者から驚きの経験談が寄せられた。

※キャリコネニュースでは「家を買ったタイミング」をテーマアンケートを実施しています。回答はこちらから https://questant.jp/q/INVH5WBU

「返済月12.6万円、35年ローンです」

「昨年11月。転勤が多く不満もあった企業から転職するタイミングで購入しました」

そう打ち明けたのは、埼玉県に住む30代後半の男性だ。男性は既婚者で子ども1人、現在メーカー系(電気・電子・機械系)の企業に勤務する正社員で、年収1000万円だという。男性の決断はかなり大胆なもので、家を買ったのは

「退職前の有休期間中です。ローン審査もその間に通して超スピード購入でした。購入費4600万、返済は変動金利月12.6万、35年ローンです」

と明かした。退職前の有休といってもせいぜい1~2ヶ月だろう。衝動的にさえ見える即決ぶりだが、男性に後悔は無いようで

「我ながらチャレンジャーだと思いますが仕事は上手くいっており非常に満足です」

と公私ともに充実している様子で綴った。

転職前の有休で“4600万円の家を超スピード購入”した30代男性「我ながらチャレンジャーだと思います」