病室・病院

病室に置かれていた機械が出す音に、70代の患者が苛立った。その結果とんでもない行動に及んだ疑いで逮捕されていたことを、『CBS News』など海外メディアが伝えている。


■音にイライラしキレた女

ドイツの病院に入院した高齢の女(72)が、79歳の女性患者と同室になり不満を募らせた。女性患者がつけていた人工呼吸器の音が気になり、どうしても落ち着くことができなかったのだ。

しばらくは我慢していた女だが、そのうちにイライラマックスに。ついには人工呼吸器に接近し、勝手にオフにするという凶行に及んだ。


関連記事:同居人2名を何度も刺した30代女が殺人未遂罪に 退去を迫られ逆上

■注意されたのに懲りず…

異常に気づいた職員がすぐに機械をオンに戻し、女を厳しく注意。「人工呼吸器はこの患者さんの生命維持に必要な物なのです」としっかり説明したが、女は同日の晩にまたしても人工呼吸器をオフにしてしまった。

そのせいで、女性患者の状態は一気に悪化。ほどなくして職員が気づき、患者が息を吹き返すよう緊急措置を施した。


■被害を受けた患者の今

機械をオフにされた女性患者は危険な状態に陥っていたが、医師たちが迅速に対処したおかげで一命をとりとめた。だが今もなお集中治療が必要だというから、女による凶行がもたらした影響は甚大だったようだ。

女はその後に殺人未遂の疑いで逮捕されたが、本人の健康状態や精神疾患の有無など、詳しいことは伝えられていない。


■「周囲の音が気になる」約7割

Sirabee編集部が全国10〜60代の男女1,732名を対象に調査したところ、「周囲の音があまり気にならない」と回答したのは全体の30.9%。約7割は、自分以外が立てる音に敏感になる傾向があるようだ。

周囲の音があまり気にならない人の割合

個別の病室であればこのような問題は起こらないのだろうが、必ずしも利用できるとは限らない。周囲の音が不快であれば看護師に相談し、「耳栓を用意してくれませんか」とお願いしてみると良いようだ。

しっかり休んでリラックスしたいのに、うるさくてイライラする。そんな状態に逮捕された女もウンザリしていたのだろうが、その犯行は極めて悪質で身勝手だった。

・合わせて読みたい→倉持仁医師、コロナ後遺症で握力低下の患者を例に問題提起 「根っこに…」

(文/Sirabee 編集部・マローン 小原

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ 調査期間:2019年3月22日2019年3月27日
対象:全国10代~60代の男女1732名 (有効回答数)

同室女性の人工呼吸器をオフにした女に殺人未遂容疑 「うるさかった」と供述も