一旦中断していた趣味を再開すると、以前より深くハマってしまった……そんな話を時々耳にします。20年ぶりにNゲージ鉄道模型を再開した方が、この4年間の移り変わりを投稿。年を追うごとに充実していくレイアウトの発展ぶりは、まるでブランクを取り戻すかのような勢いです。

【その他の画像・さらに詳しい元の記事はこちら】

 初めてのNゲージ幼稚園時代のコキ(コンテナ貨車)だった、というSERENAさん。宝物として少しずつ車両やレールを揃えていき、コレクションを増やしていったそうですが、高校時代にバンド活動を始めたことで徐々に遠ざかり、社会人になっては車に凝りだしたこともあって、鉄道模型は物置に。

 それでも、途中で引っ越した際に色々なものを処分した時でも、わずかながら愛着のある車両たちを残していたのだとか。結婚してお子さんが誕生すると、2人のお子さんに鉄道ファンとしての「英才教育」を施したのだといいます。

 英才教育の甲斐あって、当時6歳の娘さんと3歳の息子さんは鉄道に興味を抱くように。ならば鉄道模型の走る様子を見せてあげよう……と、物置から大事にしまってあった車両を出してきたのが4年前とのこと。SERENAさん鉄道模型を中断してから、20年の時が流れていました。

 大人になって再開した趣味は深くハマりやすい、と聞きますが、SERENAさんもその例にもれなかった模様。いつしかお子さんに見せるよりも、自分の方が熱くなっていったのだそうです。最初は基本的な初心者向けレイアウトだったのが、年を追うごとに内容が充実していきました。

 奥様からあらかじめ釘を刺され、スペースは畳1畳分の下敷きマット内、という制限が課されたレイアウト。しかしそれを「マットの中ならば自由にできる!」とプラスに考えたSERENAさん。再開翌年には線路の配線が変わり、建物の数が増えました。

 3年目には配線に手を加え、車両の留置線や高架線の位置を変更。建物の数も充実しただけでなく、木などの情景小物も導入し、一気にジオラマらしさが出てきました。

 そして4年目の現在。「レイアウト制作を始めるにあたって、知識や技術も無かったので見よう見まね思いつくままに線路を繋げてはやり直しを繰り返した結果」というレイアウトは、線路部分のおよそ4分の3が雪に覆われたものとなりました。

 これにはちょっとした理由がある、とSERENAさんは語ります。20年ぶりに再開した鉄道模型の様子をTwitterアップしてはどうか、と奥様に提案され、色々やってみたものの、Twitterにはウェザリングジオラマ作りの達人が多く、あまり注目はされません。自分もそこに近づきたいと考えた結果が、雪だったのだそう。

 「元々私は寝台特急が大好きで、冬の北斗星あけぼの等、雪と鉄道のカッコ良さは十二分に知っていたので挑戦する事にしました。最初はEF64を見よう見まねで『自分の思うカッコイイロクヨン』を制作し投稿したところ、いきなり1500超えのいいねをもらい、すごく嬉しかったのを覚えています」

 そこから、雪と格闘するウェザリングをした車両を雪景色の中で走らせたい、という欲求が生まれたのだとか。最初は駅の周辺に雪の降り積もった景色を再現していき、少しずつ情景描写が充実するとともに、その範囲は拡大していきました。

 レイアウトの下に白い布を垂らし、雪景色との一体性を出していくのと同時に、駅も雪の似合うローカル色豊かなものにリニューアル。いつの間にか、都会のレイアウトは雪深い北国の情景へと変貌しました。

 「最初は注目されたかった部分もあり雪表現をしてみましたが、結局、自分の鉄道に対する思いや憧れ、好きな情景その全てが『雪と鉄道』に含まれていたんです。厳しい自然環境に立ち向かう車両と鉄道マン。旅客も含めてすべてがカッコイイ。本籍は岩手県なので、自分に流れてるDNAが雪と合ってたんだと思います(笑)

 SERENAさんは雪のウェザリングをした車両をレイアウトで走らせ、そこに降りしきる雪のエフェクトを加えた画像もTwitterに投稿しています。今はもう運転されていない列車も、模型ならばいつでも見ることができる。鉄道模型ならではの醍醐味ですね。

 今後の構想についてうかがうと、雪景色にしていない部分をどうするかは、まだ決めていないとのこと。すべて雪景色になるのも素敵ですが、同じレイアウトの中で違う季節を再現できるのも模型ならではの楽しみなので、気になる方はTwitterをこまめにチェックしていると、進展を見られるかもしれません。

<記事化協力>
SERENAさん(@serena_c26)

(咲村珠樹)

20年ぶり再開のNゲージが大発展 4年間の移り変わりに注目