手軽で便利なネットショッピングだが、利用した時に出るダンボールの処理に悩むこともしばしば。今、ダンボールに関する「誤った捨て方」が注目を集めている。

【話題のツイート】おすすめの捨て方は…


画像をもっと見る

■ダンボールをよく見ると…

話題となっているのは、ゴミの収集作業員としても勤務するお笑いコンビマシンガンズの滝沢秀一が9日に投稿した1件のツイート

投稿には、ゴミ捨て場と思しき場所を写した写真が添えられており、「ビニール包まれたダンボールは、剥がすのが面倒であれば、可燃ごみで大丈夫です。古紙回収でプラは天敵なので、剥いてダンボールを出すか可燃でこのまま出すか、だと助かります〜!」とつづられていた。


関連記事:使わなくなった香水の“正しい捨て方” 「これは勉強になる!」と反響相次ぐ

■正しい選択は…

ネットショッピングを利用した際、ビニールに包まれたダンボールが入っていることが多々ある。

くしゃくしゃにした紙や空気の入ったビニールといった緩衝材であればそのまま捨てればいいが、ビニールに包まれたダンボールの場合は、「剥いて分別する」という手間が加わり地味に面倒だ。

しかし、投稿の写真にあるように段ボールに紛れ込ませるのではなく、「剥いてダンボールとビニールを分別して資源回収に出す」か、「このまま可燃ゴミとして捨てる」のどちらかを選択すべきのようだ。


■「勉強になる」の声も

今まで特に意識せずに他のダンボールと一緒にビニールに包まれたダンボールを出していた…という人も多いのではないだろうか。

今回の有益な情報を受け、投稿には「マジで勉強になる」「これは見逃していたかも」「気をつけなきゃ!!」「そのまま可燃でもいいの初めて知った…」と驚きの声が続出。

また、「以後気をつけます!」「気をつけて出しますね」と今後注意していく姿勢を示すユーザーも多数見られた。

■話題の投稿


・合わせて読みたい→使わなくなった香水の“正しい捨て方” 「これは勉強になる!」と反響相次ぐ

(文/Sirabee 編集部・ステさん

ゴミ収集員が伝える“ダンボールの誤った捨て方”が話題 「マジで勉強になる」