【元記事をコミックナタリーで読む】

TVアニメガールズ&パンツァー」の10周年を記念したフィギュア西住みほ西住まほ 10years Memory」が登場。受注受付が12月12日11時にA-on STORE、コトブキヤで開始される。

【大きな画像をもっと見る】

フィギュアは「ガールズ&パンツァー」公式スタッフコトブキヤタッグを組んだ「フィギュア道」シリーズの最新作。「ガールズ&パンツァー 劇場版」で描かれた西住みほ回想シーンを元に、幼少期の姿のみほとまほが立体化された。首はボールジョイント状になっており、2人の目線を微調整することが可能。監修はキャラクターデザイン総作画監督杉本功が務めている。通常版のほかDX版も用意されており、DX版にはみほとまほそれぞれに使用できる「にっこり笑顔パーツ」と杉本描き下ろしのイラストを使用したアクリルボードが付属する。

価格は通常版が税込1万9000円、DX版が税込2万4000円。購入特典も用意されており、コトブキヤではポストカード3枚セット、A-on STOREではA5クリアファイルが配布される。受注受付は2023年1月10日までとなっており、商品は6月下旬に発売予定。今年の12月16日から25日にかけて東京・池袋サンシャインシティで開催される「10th Anniversary ガールズ&パンツァー博覧会 ~これまでと、これから~」ではフィギュアのデコレーションマスターが展示される。

そのほか「10th Anniversary ガールズ&パンツァー博覧会 ~これまでと、これから~」で販売される音声ガイドのストーリーや会場MAPイベントの開催を記念した商品のラインナップも公開。さらに同展覧会が2023年3月1日から13日まで、大阪・あべのハルカス近鉄本店で開催されることも明らかになった。詳細は公式サイトを確認しよう。

(c) GIRLS und PANZER Projekt (c) GIRLS und PANZER Film Projekt (c) GIRLS und PANZER Finale Projekt

左から「西住みほ&西住まほ 10 years Memory」、みほの回想シーンのビジュアル。