デーブ・スペクター

タレントテレビプロデューサーデーブ・スペクターが9日、公式ツイッターを更新。数年前のタピオカブームに言及したところ、ネットユーザーからも懐かしい話題が続々と寄せられた。

【ツイート】ふとタピオカを思い出したデーブ


■「タピる」ブームは…

デーブはこの日、「気のせいかタピオカの話題が減ってる」と思い出したようにツイート

タピオカキャッサバの根茎から製造したでんぷんで、麺やお菓子もちもちした食感を作り出すのに利用される。

タピオカを丸くしたタピオカパールスイーツとして用いられており、日本でもたびたびブームに。2018年ごろから台湾発のタピオカミルクティーが人気となり、国内にも数多くの専門店がオープンして「タピる」「タピ活」といった言葉も生まれたが、最近ではすっかり下火となっている。


関連記事:四千頭身・石橋、あるビジネスの始動を狙う 「夏とか絶対持ち歩くぐらい好き」

■すでに忘れかけていた人も

デーブの投稿に、ユーザーからは「気のせいかマリトッツォの話題も減ってる」「気のせいかティラミスナタデココの話題も減ってる」と、過去にブームとなったスイーツが挙げられ、中には「一瞬、タピオカって何だっけ? と思いました」とすでに忘れかけている人も。

また、「気のせいかエリマキトカゲの話題が減ってる」「ぶらさがり健康器とか紅茶キノコとかもね」と、さらに懐かしいブーム思い出す人や、「高級食パンの店が減って無人冷凍餃子が増えている」とブームサイクルの早さを指摘する声も見受けられた。

■ふとタピオカを思い出したデーブ

・合わせて読みたい→デーブ、米シカゴ・レストランの“警告サイン”に反応 「アメリカ怖い」の声も

(文/Sirabee 編集部・けろこ

デーブ「気のせいかタピオカの話題が…」 懐かしのブームが続々と挙がる