カラパイアの元の記事はこちらからご覧ください

 とても奇妙な形状の謎生物イギリスの海岸に打ち上げられていた。イギリスで有名なUMAと言えばスコットランドネッシーだ。

 海外掲示板に「これが何かわかる人はいますか?」という投稿コメントとともに挙げられていた画像を見たユーザーらは「ネッシーじゃね?ネッシーの幼体じゃね?」の声を一斉にあげた。

 水中の生き物かな?恐竜のようにも見える。これはいったい何?教えて!カラパイア生物処理班

【画像】 イギリスの海岸に打ち上げられていた奇妙な生物

 発見時は既に息絶えており、すこし干からびた状態のようにも見える。イギリスの海岸で目撃したという海外掲示板ユーザーu/huskyboi72」は、「先日、海岸で見つけたのですが、誰かこれが何なのか知っていますか?」と2枚の画像を投稿した。

1

 おわかりいただけただろうか?

 生物と思わしきそのクリーチャーの体は濃い灰色で、頭部から尾にかけて白い斑点がある。平らで丸みを帯びた頭に4つの脚のようなヒレ、そして長い尾。

 全体の大きさがどれほどなのかはわからない。

[もっと知りたい!→]頭がエイで体はサメ。愛媛県で水揚げされた珍魚

no title

このクリーチャーの正体は?

 コメント欄で様々な見解が飛び交った。「ネス湖のネッシー赤ちゃん」という意見もおおくあがったが、実際のネッシーの姿を見た人はほとんどいないので何とも言えない。

 「恐竜」という意見も多く、ジュラ紀後期に絶滅した肉食の海洋爬虫類である「リオプレウロドン」ではないかとの意見もあった。

iStock-1358219475

リオプレウロドンイメージ図 photo by iStock

 確かにイギリスからリオプレウロドンの化石は発見されてはいるが、もしそうなら、ネッシーよりもレア度があがる。白い模様の一部は、確かに、予想図のリオプレウロドンの姿に似ている。

 だがもっと現実的な推測をするユーザーももちろんいた。

・合わせて読みたい→これはいったい?フランスの海岸を埋め尽くした謎のスポンジ状の物体

 海釣りの経験があるというユーザーらによると、漁師か捕食者に胸ヒレの一部を切り取られたエイの一種である可能性が高いというのだ。

 確かにエイの中には、まだら模様を持つ種が存在する。

 あるユーザーはこう説明した。「ヒレのないエイだ。形状からしてオスだと思う。おそらく海でヒレを切り取られ、死骸が海に打ち上げられたんだ」

 さて果たして、これはヒレを切り取られたエイでファイナルアンサーなのか?カラパイアの生物処理班の意見を待つことにしよう、そうしよう。

 私のうすっぺらい知識だと、「シノノメサカタザメ」に似ているような気もしなくもないが、シノノメサカタザメの生息域はインド太平洋の亜熱帯なので、イギリスにはいそうにないか...

written by parumo

 
画像・動画、SNSが見られない場合はこちら

ネッシーの幼体?イギリスの海岸で発見された謎生物の正体は?