歯科医院で上顎の歯列を横に広げる治療を受けていた20歳の女性は、治療の過程で前歯の間に大きな隙間ができてしまった。女性は年頃ということもあり、歯科医の勧めでその隙間に仮歯を入れたのだが…。女性がTikTokに投稿した“3本前歯”の動画が大きな反響を呼んでいる。『The Daily Star』などが伝えた。

デンマーク在住のレイラ・ムンタスさん(Layla Muntas、20)が今月17日、TikTokに投稿した動画の再生回数がこれまでに3200万回を超えた。

動画は公共交通機関で移動中と思われるレイラさんの顔にカメラズームインしただけのシンプルなもので、一見何の変哲もない。しかし投稿には「ワイヤーの矯正器具をつけるまで、2本の前歯の隙間に仮歯を入れたの」と説明があり、「なぜ私の歯科医は“3本の前歯”が美しく見えると思ったのかしら?」と言葉が添えられている。

実はレイラさん、上顎の歯列全体を拡げるために上顎の裏側に拡大装置を付けており、これによって前歯に隙間ができてしまった。それも2、3ミリといった小さなものでなく、ペンやストローなどがすっぽり入ってしまうほどの大きさで、見かねた医師が「少しでも普通に見えるように」と仮歯を入れてくれたという。

かしこれによって、上の中央にある通常2本の前歯が3本になってしまい、困惑したレイラさんが自分の顔の動画をTikTokに投稿したところ大きな盛り上がりをみせたのだった。レイラさんは動画に「前歯が3本って、かえっておかしいわよね」とコメントしており、人々からは次のような声が寄せられた。

「言われなければ全く気付かなかった。」
「そう言われると気になる。」
可愛いと思うわ。」
「実は私も上の中央の前歯が3本ある。」
「私は4本あるはずの下の前歯が3本しかない。」
「これはトム・クルーズと同じだ。」
「いや、トム・クルーズは上の前歯の正中線がずれているだけで、前歯が3本あるわけではないぞ。」
「トムはスターなのに歯医者が悪かったのか、それとも矯正を急いだのか?」
「矯正を始めたのが遅すぎたのかも。」
「でもあなたは心配ないよ。私も顎を広げるための装置を使ったけど、隙間はそのうち埋まるから。」
「この仮歯は本当に必要なの? そのままにしておいたほうがいいのでは?」
マイク・タイソンのように隙間が空いているよりはずっといいと思う。」
「20歳で上顎を広げるって遅くない?」
「これは大爆笑した。」
「まるで馬のようだ。」
「なんだか不思議。」

なおレイラさんは、ワイヤーの矯正器具を付け始める時期については明らかにしていないが、12月初めの投稿ではまだ仮歯を入れていたようだ。

ちなみに最近よく耳にするのは人工歯(べニア)によるトラブルで、今年3月には歯並びに10年悩んだイギリスの女性が入れた人工歯が「馬のようだ」と話題になっていた

画像は『Lay 2022年11月1日TikTok「Idk hvad jeg skal sige」、2022年11月25日TikTok「Forgot about this draft but I miss my gap」、2022年11月17日TikTokFake tooth in between my 2 front teeth until I get ma fakin braces」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト