【この記事の動画を見る】

自然界では一般的に食べる側の捕食者と食べられる側の被食者で戦った場合、捕食者が勝つ場合がほとんどだが、このほどオーストラリアの海でサメに襲われそうになったウミガメを撮影した映像が関心を集めている。ウミガメはサメの攻撃を必死でかわした後、思わぬ反撃に出てサメを追い払った。『New York Post』『FOX Weather』などが伝えた。

豪、西オーストラリア州の海岸沖で撮影された、イタチザメウミガメとの映像が多くの関心を集めている。『FOX Weather』によると映像は今年4月頃に撮影されたものと見られ、プロのドローンオペレーターであるジャックガーネットさん(Jack Garnett)が、当時家族旅行で同州にあるウィンデラバンディ・ポイントを訪れていた際に、ドローンで撮影したものだった。

ウミガメは「海のビスケット」とも言われるほどイタチザメの好物のようだが、この時のサメは“ビスケット”にありつくことができなかったようだ。映像には海面を泳ぐウミガメにサメが近づいてきて噛みつこうとする様子があった。ところがウミガメは噛まれまいとして体を回転させて必死にサメから身をかわしている。

それでもサメは諦めず、何度もウミガメに向かって大きく口を開けて噛みつこうとした。必死に身をかわすウミガメと噛みつこうとするサメの攻防戦が続き、ウミガメは何度も危うく噛みつかれそうになるも最後に大きな反撃に出た。ウミガメはサメの背後にまわりこんで突然尾に噛みついたのだ。

そして数秒ほどウミガメは、尾に噛みついたまま離れずにいると、サメは降参したのかそのままウミガメのもとから離れていった。撮影者のジャックさんは最終的にウミガメが食べられてしまうものと思っていたようで、予想外の逆転勝利にかなり驚いたという。彼はメディアインタビューに応じこのように語っている。

「あの時、3メートルほどの大きなイタチザメが、かわいそうなウミガメを食べようとする真っ最中だったので、子供達にドローンから届く映像を見ないように言ったんです。ところがその後の12、3分間ウミガメイタチザメ素晴らしい戦いに魅了され、私たち家族は映像モニターの前に集まってその様子に見入っていました。」

「一歩間違えれば、ウミガメは手や足を失っていたか致命的な咬傷を負っていたところでした。最終的に(サメを追い払って)海岸に沿って悠々とパワフルに泳ぐ姿は驚くべき結果と言えます。」

ジャックさんたち家族はウミガメが思わぬ反撃で自らの命を守ったことに、かなり驚いたようだ。その後ジャックさんは映像を海洋生物学者に見せたところ、ウミガメは尾の形からメスのアカウミガメということが判明した。学術的な研究によると、メスのアカウミガメの素早い動きはイタチザメに襲われた際に有利に働くとのことだ。

また、ジャックさんから映像を見せられた海洋生物学者は、今回のアカウミガメの身を守る行動について、偶然ではなく、この種が既に身につけている能力による行動だと判断したという。ちなみに『New York Post』によると西オーストラリア州では1950年にアカウミガメ絶滅危惧種に指定し保護し続けているとのことだ。

画像は『New York Post 2022年12月7日付「Turtle fights off shark during ocean battle in western Australia」(Jack Garnett via Storyful)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト