image秒刊SUNDAY

全国旅行支援を使って、旅をされる方が激増中!筆者が定宿にしていたホテルも、1ヶ月前に予約しないと泊まれないようになってきました。旅といえば欠かせないのは駅弁!普段は自動車で移動している筆者ですが、稀に電車旅をした際は駅弁が楽しみのひとつとなっています。その駅弁の中で、筆者が歴代一位だと思っているのが「海鮮小わっぱ」なんです!

「海鮮小わっぱ」八戸駅新青森駅で購入可能!

駅弁の賞レース的なもので、数々の受賞歴がある海鮮小わっぱ。小さいながらも厚みがあるので見た目よりボリュームがあり、見ての通り超豪華な駅弁なんですよ。これでお値段税込1,200円!一昔前は1,000円だったのですが、それでもめちゃくちゃ安い!

https://platform.twitter.com/widgets.js

参考:JR東日本駅弁150選「海鮮小わっぱ」

JR東京駅構内でも買えますよー!

青森までは遠い!って方も、東京駅の構内にある「駅弁屋 祭」さんで購入できますよ。人気商品なので、夕方までに売り切れることが多いので注意!

image秒刊SUNDAY

筆者は16時ごろにラス1を手にしました!これから買おうと思ってた方、ごめんなさい。

image秒刊SUNDAY

何年経っても美味しさは変わらず……

筆者が初めて「海鮮小わっぱ」を食べたのは、おそらく10年以上前。たしかあの頃は900円だったような気がしますが、昨今の値上げを考えれば現在1,200円なのは企業努力としかいいようがありません。だって、あの頃より消費税も上がっているんですもの。(5%→軽減税率8%)

見てください!この美味しそうな駅弁!直径は12cm程ですが、わっぱに高さがあるので意外に重く食べごたえがあるんですよ。

image秒刊SUNDAY

筆者の大好物「カニ」は、甘みもある上にしっかりとした身で大満足!

image秒刊SUNDAY

信じられないほどたっぷりの「蒸しウニ」も、濃厚でご飯が進みまくりですよ!

image秒刊SUNDAY

アワビの時もあるのですが、今回は「つぶ貝」かな。シコシココリコリした歯ごたえで、旨味たっぷり!一切れしかないのが残念!

image秒刊SUNDAY

脇役と思われがちの「茎わかめ」は、海藻にありがちな臭みが一切ありません!食感の良さも手伝って、他の高級食材をまとめる重要な存在。これで日本酒を引っ掛ける人が多いのも納得。

image秒刊SUNDAY

そして近年めっきり高騰している「いくら」もたっぷりと!この粒を見てください……ぷちぷち弾ける食感も最高!これはまさに、海鮮の宝石ば……やめておきます。

image秒刊SUNDAY

最後にお米なのですが、実は酢飯じゃないんですよ。ほんの少量使っている可能性はありますが、お酢の味は全く感じません。おそらく米そのもので勝負するこだわりがあるのかも。青森産の「青天の霹靂」は粘りとキレのバランスが非常にいいお米で、冷めてもうまい!

image秒刊SUNDAY

少食ではない筆者ですが、これ1個で大満足できる内容とボリュームでした。

image秒刊SUNDAY

東京駅でも気軽に食べられる駅弁、もちろん青森県まで行って食べるのも最高。使っている食材を考えると、よくこのお値段で販売できるなと感心してしまうほどの逸品です。ぜひ一度ご賞味いただきたい駅弁でした。

海鮮小わっぱ 1,200円(税込)

駅弁といえば、ミニストップで販売されていた「駅弁風」の弁当が美味しかったことを思い出しました。駅弁、駅弁……うん、駅弁ね……なぜだろう、なんか心に引っかかるモノがあるのは。

sourceJR東日本旅の彩150選



画像が見られない場合はこちら
最強駅弁はこれだ!青森県「海鮮小わっぱ」は、東京駅でも買えるぞ!