冷夏と言われていたのはどこへやら、うだるような30℃超えの暑い日々が続いている。筆者が子供の頃も、夏ってこんなに暑かったっけ?

おそらく気温はあまり変わっていないはず。あの頃から変わったのは服装、生活……、そしてなにより「音」が変わったように思える。
縁側にぶら下がる風鈴からの涼しげな音や、田舎の祖父母家のすぐそばにある小川から聞こえてくるせせらぎ。たくさん遊んで帰ってくれば、母が氷の入った朝顔グラスに「カルピス」をトクトクと注いでくれる。氷が溶けて鳴るのは、カランコロンという音―――、夏の風物詩ともいえるあの音だ。
そういった音に囲まれたなかで飲む、キンキンに冷えた「カルピス」は、むせ返るような暑さが和らぐ癒しの飲み物だった。


さて、そんな納涼効果満点のグラスと氷が奏でる“カランカラ~ン”の「カルピスサウンドをいつでも聞くことができる「音ゲーム」アプリが登場したというので、早速ダウンロードしてプレイしてみた。

その名も『カルピスミュージック』。Androidをお使いの方は、Google Playから、iPhoneをお使いの方は、App Storeから無料でダウンロードできる。

カルピスミュージック』には演奏した曲を採点してもらえる「マドラーで演奏しよう」モードとお祝いソングプレゼントできる「あの人をお祝いしよう」モードがある。

マドラーで演奏しよう」を選択すると、「大きな栗の木の下で」や「どんぐりころころ」など、馴染み深い曲がたくさん出てくる。好きな曲をチョイスしてゲームを楽しむことができるのだ。

他にも「ちょうちょ」や「七夕さま」などさまざまな曲が入っているが、楽器類がからっきしだめな筆者は一番簡単そうな「かえるの合唱」を選択。これぐらいならなんとか筆者にも演奏できるはず……! だって小学生が演奏するような曲だもん。

曲を選択すると、「カルピス」が入っている量によって音階がわかれた8つの朝顔グラスが現れる。なるほど、小さいころよくやった、コップを楽器にするアレをやるのか。グラスに入っているカルピスの量が少なければ少ないほど音が高くなるというアレだ。子供のころは、グラスを叩くと母親に叱られたなんて記憶があるので、こんなに堂々と遊べるのは嬉しいかも。ちょっぴりノスタルジックな気持ちにもなる。

「演奏開始」をタップすると曲が流れ出しプレイ開始。いやはや、これがなかなか難しい! グラスの上に音符マークが現れるので、そのマークを追ってグラスが光った瞬間にタップすればいいのだが、センスゼロな筆者は追いかけるので精一杯。無残にも結果は……19点。結果画面には丁寧なアドバイスや「カルピストリビアがあった。

何回かやるうちにリズム感が養われてくる。さてもう一回トライ! 今度は上手くいったような気が……! グラスに注がれた「カルピス」も安心してグラスの中で飲まれるのを待機しているような気さえする。そして、ついに出ました96点!

高得点を出したら、「カルピス」壁紙とオリジナル着信音をゲットできた。着信音は、夏を彷彿とさせる氷がグラスに当たる「カランコロン」という音。風鈴のようで、暑い夏の体感気温を下げる効果があるような気がする。

さて、もうひとつの機能、「あの人をお祝いしよう」も紹介しておこう。こちらは、お祝いしたい人の名前やお祝いの種類などを選択して、演奏をスタートするをタップすると、大きな「カルピス」の入ったグラスがでてきてお祝いができるというもの。

シチュエーションは「結婚」、「ハッピーバースデー」、「おめでとう」がある。演奏が終わるとはオリジナルメッセージカードが表示される。カメラロールに画像を保存できるので、お祝いする相手にメールなどで送ることができる。このモード誕生日会などで役立ちそうだ。

カルピスミュージック』はちょうどいい難易度のため、ついハマってしまう音ゲームだった。リズム感や音階に対して力がつくので、小さな子供から大人まで楽しめること間違いない!
たまに聞こえる「カランコロン」という音やグラスを叩く「チリーン」音が、さわやかな夏を演出してくれるので、避暑アプリとしてももってこいだ。

暑い夏、懐かしい昔を思い出しながら、少しでも気持ちよく過ごすためにぜひダウンロードして遊んでみては?
(今吉フハッ)

■『カルピスミュージック
Androidをお使いの方は、Google Playから、iPhoneをお使いの方は、App Storeから、無料でダウンロード