鳥取県米子市2011年9月23日から25日の3日間、駅前商店街全体が会場となった映画祭「米子映画事変」が開催された。同イベントでは、映画上映やトークライブゆるキャラ大会のほか、廃材利用の「捨て看板」をキャンバスに、東日本大震災被災地エールを送る「ステカンCANVASプロジェクト」も実施された。

・「ステカンCANVASプロジェクト」の写真を見る
http://news.nicovideo.jp/watch/np89025

 「ステカンCANVASプロジェクト」では、『新世紀エヴァンゲリオン』のキャラクターデザインを務め漫画版を描く貞本義行氏や、『ピンポン』の松本大洋氏、『魔法先生ネギま!』の赤松健氏といった著名漫画家シンガーソングライターの泉谷しげる氏らの作品を展示。また参加費500円でのワークショップも実施され、参加費の一部は復興支援金として募金された。

 この記事では、「ステカンCANVASプロジェクト」の展示作品を写真でお届けする。

◇関連サイト
・「ステカンCANVASプロジェクト」の写真を見る
http://news.nicovideo.jp/watch/np89025
・米子映画事変web
http://www.yonago-eiga.com/index.html

(安部伸介、写真・石津大助)

貞本義行氏が「捨て看板」描いた綾波レイ のイラスト