Netflixは実写ドラマシリーズ『ONE PIECE』(ワンピース)を2023年に世界独占配信すると発表した。あわせて、Netflixの公式Twitterアカウントにて初のビジュアルが解禁されている。

 本作は1997年に「週刊少年ジャンプ」で連載を開始した尾田栄一郎氏によるマンガ『ONE PIECE』を原作としたドラマシリーズ。2020年にドラマ化がNetflixから発表された本作だが、このたびついに配信時期がアナウンスされた形である。

 実写ドラマ版では尾田栄一郎氏はエグゼクティブ・プロデューサーを務め、脚本にはマット・オーウェンズ氏(『エージェント・オブ・シールド』)やスティーブン・マエダ氏(『LOST』)が携わっているとのこと。

 すでに主要なキャスト陣も公開されており、主人公「モンキー・D・ルフィ」役をイニャキ・ゴドイさんが演じる。そのほか「ロロノア・ゾロ」役に新田真剣佑さん、「ナミ」役にエミリー・ラッドさん、「ウソップ」役にジェイコブ・ロメロギブソンさん、「サンジ」役にタズ・スカイラーさんといった顔ぶれがそろう。

 このたび公開されたビジュアルは、イニャキ・ゴドイさんが演じるモンキー・D・ルフィ」が、右腕を空に突き上げる後ろ姿を映したもの。上述のキャストのほか、「コビー」や「バギー」、「アーロン」といったキャラクターの配役や、昨年には海上レストラン「バラティエ」のセットを映し出した映像も公開されているため、原作マンガの序盤をベースにした物語が描かれることが推察される。

 Netflixの実写ドラマ版『ONE PIECE』は2023年中の配信を予定している。近日ではアニメ映画『ONE PIECE FILM RED』やゲームワンピース オデッセイなど、複数の関連作品が話題を呼んできた『ONE PIECE』シリーズ。次なる大きなプロジェクトとなるであろう実写ドラマ版にも注目していきたいところだ。

『ワンピース』Netflix公式Twitterアカウントはこちら