One Melody for Allをテーマに、国籍、経済的な理由、障害の有無などに関わらず、世界の共通言語である音楽が、様々な人々の心に響き、ひとつの思いを共有することを目指します。
調布市では、令和2年度(第71回)芸術選奨文部科学大臣新人賞を受賞した鈴木優人がエグゼクティブ・プロデューサーを、バッハ演奏の第一人者として名声を博す鈴木雅明が監修を務めるクラシック音楽の祭典「調布国際音楽祭2023」を6月24日(土)から7月2日(日)まで開催します。
2013年に「調布音楽祭」の名でスタートして以来、手作りの感覚とクオリティを両立させたラインナップで親しまれている「調布国際音楽祭」は、クラシックを中心とした音楽の祭典です。今年のテーマはOne Melody for Allです。
URL:https://www.chofumusicfestival.com/

オープニング・コンサート~鈴木優人×読響 銀幕を彩る名曲たち
今年の幕開けを飾るのは、読響を迎えてお送りする「映画のまち」ならではのプログラム。往年の名作映画を彩った情感あふれる交響曲・協奏曲をお楽しみください。若き天才ジャン・チャクムルのピアノも必聴!
6/25(日)14:00 120分公演
グリーンホール 大ホール(全席指定)
料金:S ¥7,000 A ¥6,000 B ¥4,500 C ¥3,500 ※25歳以下は30%割引
出演:鈴木優人(指揮)、ジャン・チャクムル(ピアノ)、読売日本交響楽団管弦楽
マーラー交響曲第5番 嬰ハ短調より第4楽章“アダージェット

モーツァルト:ピアノ協奏曲第21番ハ短調 K.467

メンデルスゾーン交響曲第3番 イ短調Op.56「スコットランド
ジャン・チャクムル
読売日本交響楽団(c)読売日本交響楽団
               バッハ・コレギウム・ジャパン ヴィヴァルディ《四季》
~春と夏~  7/1(土)15:00 120分公演 ~秋と冬~  7/2(日)11:00 120分公演
音楽祭始まって以来初、小さめながら音響にすぐれた「くすのきホール」でBCJの美音を聴くチャンス。そして世界的ヴァイリニスト・佐藤俊介が9年ぶりに調布を訪れ、2日間にわたって《四季》のソリストを務めます。
文化会館たづくり くすのきホール(全席指定)
料金: ¥ 8,000
出演:鈴木優人(指揮)、佐藤俊介(ヴァイオリン)、バッハ・コレギウム・ジャパン管弦楽
※25歳以下は30%割引
※7/1・2セット券:¥14,000(限定100枚)
7/1(土)
J.S.バッハ管弦楽組曲第3番 ニ長調 BWV1068
J.S.バッハチェンバロ協奏曲第2番 ホ長調 BWV1053
ヴィヴァルディ:「四季」より 春・夏
7/2(日)
♪♪J.S.バッハ管弦楽組曲 第1番 ハ長調 BWV 1066
J.S.バッハチェンバロ協奏曲第1番 ニ短調 BWV1052
ヴィヴァルディ:「四季」より 秋・冬
鈴木優人(c)Marco Borggreve

佐藤俊介(c)Marco Borggreve
バッハ・コレギウム・ジャパン (c) Hikaru. ☆

深大寺で聴く古のうた
名刹の本堂に、開創以来はじめてテノールの歌声が響きます。チェロハープとともにお届けする本格バロックアンサンブル! 院内僧侶による声明とあわせ、古来の旋律に耳を傾ける特別なひとときを。
6/28(水)15:30 60分公演
※開演30分前(15:00)から深大寺ご院内僧侶による天台聲明の詠唱あり
深大寺 本堂
料金:Sエリア¥6,000 Aエリア¥5,000
※各エリア内全席自由/整理番号付 ※25歳以下は30%割引
出演:櫻田 亮(テノール)、懸田貴嗣(バロックチェロ)、西山まりえ(チェンバロ
 櫻田 亮(c) Ribaltaluce  Nov2010
深大寺

川久保賜紀×佐藤晴真×松田華音 チャイコフスキー《偉大な芸術家の思い出に》
今をときめくスタープレイヤー3人による夢のピアノトリオ! 東欧にゆかりある実力派3人によるチャイコフスキー《偉大な芸術家の思い出に》は今だからこそ様々な思いとともに聴きたい作品、そして演奏です。
6/29(木)14:00 120分公演
グリーンホール 大ホール(全席指定)
料金:S ¥5,000 A ¥4,000
※25歳以下は30%割引
出演:川久保賜紀(ヴァイオリン)、佐藤晴真(チェロ)、松田華音(ピアノ)
チャイコフスキー:ピアノ三重奏曲 イ短調 Op.50「偉大な芸術家の思い出に」 ほか
川久保賜紀(C)Yuji Hori

調布国際音楽祭スペシャルガラコンサート One Melody for All
2023年の音楽祭テーマ "One Melody for All" を象徴する、笑いありライブペイントありのお祭りステージ。すべての人に――耳がきこえない人にも――音楽を届けたいという思いに応え、あの超人気ピアニストも駆けつけます。
6/30(金)14:00 120分公演
グリーンホール 大ホール(全席指定)
料金:S ¥6,000 A ¥5,000 B ¥3,500
※25歳以下は30%割引
出演:清塚信也(ピアノ/特別ゲスト)、さとうたけし(ライブペインティング)、
   廣津留すみれヴァイオリン)、高木慶太(チェロ)、森下 唯(ピアノ)、
   ホワイトハンドコーラスNIPPON(合唱・手歌)、鈴木優人(お話)
清塚信也


フェスティバルオーケストラ ベートーヴェン「第九」
音楽祭の顔とも言えるフェスオケが、ついに "One Melody for All" のテーマにも通じる内容を持つ傑作、かの“第九”に挑みます。受け継がれる情熱と思い――若き演奏家たちの姿を、目と耳に焼き付けてください!
7/2(日)15:00 120分公演
グリーンホール 大ホール(全席指定)
料金:S ¥7,000 A ¥6,000 B ¥4,500 C ¥3,500
※25歳以下は30%割引
出演:鈴木雅明(指揮)、上野星矢(フルート)、澤江衣里(ソプラノ)、清水華澄(アルト)、
   宮里直樹(テノール)、加耒 徹(バス)、フェスティバルオーケストラ&合唱団(管弦楽・合唱)
J.S.バッハ管弦楽組曲第2番 ロ短調 BWV1067
ベートーヴェン交響曲第9番 ニ短調 Op.125「合唱付き」
鈴木雅明(c)Marco Borggreve
上野星矢
澤江衣里

ワークショップ「新しい音楽をつくる」Vol.2
音楽祭の理念である「次世代への継承」の一貫として、未来の音楽への考察を深めるスリリングな作曲ワークショップです。毛色のまったく違う作曲の大家が集い、若手の作品にアドバイス。どんな化学反応が起こるのか!?
6/24(土)16:00 180分公演
調布市せんがわ劇場(全席自由)
料金: ¥ 3,000
※25歳以下は30%割引
出演:金子仁美(作曲)、細川俊夫(作曲)、藤倉 大(作曲)、鈴木優人(司会) ほか
参加者が書いたスケッチを第一線で活躍する奏者が初めて音にするワークショップ。
国際的に活躍する作曲家たちが創作について情熱的にセッションします。
金子仁美(c)Daniel Campbell
音楽室の楽器、こんなにカッコイイ!~おんがくしつトリオ
7/1(土) 1.11:00 2.14:00 60分公演(休憩なし)
文化会館たづくり むらさきホール(全席自由)
料金:一般 ¥2,000 3歳~小学生 ¥1,000
※0歳から入場可、2歳以下ひざ上無料
出演:おんがくしつトリオ【内藤 晃(ピアノ)、下中拓哉(リコーダー)、菅谷詩織(鍵盤ハーモニカ)】
♪《アナと雪の女王》より〈生まれてはじめて
ホルスト:組曲「惑星」より“木星” ほか
おんがくしつトリオ
たたいてあそぼう2023
7/2(日) 1.11:00 2.14:00 60分公演(休憩なし)
文化会館たづくり むらさきホール(全席自由)
料金:一般 ¥1,500 3歳~小学生 ¥500
※0歳から入場可、2歳以下ひざ上無料
出演:桐朋学園大学打楽器専攻
※詳細は後日発表
桐朋学園打楽器専攻
ランチタイム・ミニリサイタル in せんがわ劇場
6/26(月)~28(水)12:00 45分~60分公演
せんがわ劇場(全席自由)
料金: ¥ 1,000
出演:フェスティバルオーケストラ選抜メンバー
※詳細は後日発表 ※チケット発売は5月予定
せんがわ劇場
ベヒシュタイン・ジャパン presents 布多天神社できくグランドピアノ Vol.2
6/27(火)16:30 60分公演
布多天神社 神楽殿 (全席自由)
料金:無料
出演:鈴木優人(ピアノ)、森下 唯(ピアノ) ほか
森下唯

オープンコンサート 【共通】料金:無料(全席自由)
オープンステージ
7月1日(土)・2日(日)10:30~18:00
文化会館たづくりエントランスステージ
ミュージックサロン
6月25日(日)10:30~18:00
グリーンホール小ホール
ウェルカムコンサート
6月25日(日)、7月1日(土)・2日(日)
グリーンホール前

寄附付きチケット&CIMFスポンサーシート募集
対象公演の優良席のチケットを発売前にご提供します。
<寄附付きチケット(税制上の優遇の対象)>
費用: 10,000円(寄附)+各公演チケット料金
提供チケット数:1口あたり1枚
募集数:各公演10口(申込先着順) 締切:3/30(木)
<CIMFスポンサーシート(税制上の優遇の対象外) >
費用: 100,000円(1口)
提供チケット数:1口あたり6枚(1公演2枚まで)
募集数:10口(申込先着順) 締切:3/30(木)

協賛募集
「調布国際音楽祭2023」では、開催趣旨に賛同のうえ、ご支援いただける企業、団体を募集します。
ご協賛いただいたお礼として、特典をご用意しています。

フェスティバルオーケストラ「第九」 オーケストラ団員&合唱団員募集
2016 年に発足した若手演奏家で構成する調布国際音楽祭公式のオーケストラの団員と合唱団員を募集します。
日時:7/2(日)15:00~17:00
会場:グリーンホール 大ホール
演奏曲:J.S.バッハ管弦楽組曲2番 ロ短調 BWV1067、ベートーヴェン交響曲第9番 ニ短調 作品125「合唱付き」
指揮:鈴木雅明(バッハ・コレギウム・ジャパン音楽監督)
オーケストラ団員募集>
リハーサル: 6/27(火)~6/30(金)17:30~21:00(予定)
費用:20,000円
申込期間:3/21(火・祝)~4/11(火)
<合唱団員募集>
募集パート:ソプラノアルトテノール、バス(各6人程度)
練習スケジュール:6/27(火)~6/30(金)17:30~21:00(予定)
合唱指導:藤崎美苗(バッハ・コレギウム・ジャパン声楽アンサンブルメンバー)
費用:無料
申込期間:4/1(土)~4/30(日)

ワークショップ「新しい音楽をつくる」Vol.2 作曲家募集
事前に作曲家が書いた「作品」を第一線で活躍する奏者が初めて音にし、さらに講師がディスカッションすることで、新作を作り上げるワークショップです。この「作品」を創作してくださる作曲家を募集します。
日時:6/24(土)16:00(予定)
会場:せんがわ劇場
講師:金子仁美(作曲家)、細川俊夫(作曲家)、藤倉 大(作曲家)、鈴木優人(司会)
申込期間 :2/24(金)~3/10(金)

<調布国際音楽祭エグゼクティブ・プロデューサー 鈴木優人より>
「調布国際音楽祭」は、調布のまちを舞台に毎年初夏に行われているクラシックを中心とした音楽のお祭りです。2013年に「調布音楽祭」の名でスタートして以来、手作りの感覚とクオリティを両立させたラインナップで親しまれ、年々注目度も増してきました。
そして、今年も多くの素晴らしいアーティストが調布に集います。11年目のシーズンのテーマは “One Melody for All”。一つのメロディが、それぞれの状態に応じて違った働きをする心の特効薬、それが音楽です。しかし、その感動は、言葉で表現された途端、もとの感動から変容して伝わっていきますから、他人の感想や評論を読んでも直ちに自分の感動にはなりません。
ですから、是非みずから生の音楽を味わってください。そこでわずかでも心が動いたとしたら、それがいかに言葉に置き換えづらいものであったとしても、間違いなく自分固有の感動です。自分だけがわかる感動を、みんなが味わう場所、それが調布国際音楽祭です。
この度、「次世代への継承」を理念の一つとして掲げる本音楽祭では、「ジュニア招待」と「国際交流」の二つのプログラムのご支援を募集します。ご支援いただいた皆さまへはささやかながらのお礼として、発売前の公演チケットをご提供します。
この音楽祭をともに作り上げるていただける皆さまを心よりお待ちしております。
(c)Marco Borggreve

主催:公益財団法人調布市文化・コミュニティ振興財団、調布市
特別協賛:アフラック生命保険株式会社
後援:京王電鉄株式会社
協力:桐朋学園大学
制作協力:公益財団法人ジェスク音楽文化振興会
マネジメント:有限会社バッハ・コレギウム・ジャパン
エグゼクティブ・プロデューサー:鈴木優人
ソシエイト・プロデューサー:森下 唯
監修:鈴木雅明
コミュニケーション・アドバイザー:平野敬子

配信元企業:公益財団法人調布市文化・コミュニティ振興財団

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ