俳優の平野宏周と西銘駿がダブル主演を務める映画『妖獣奇譚 ニンジャ VS シャーク』より、忍者による死闘や巨大サメが襲いかかるシーンをふんだんに収めた予告編と本ビジュアルが解禁された。

【動画】忍者と鮫による極限の死闘 『妖獣奇譚 ニンジャVSシャーク』予告

 本作は、空前のサメ映画ブームに殴り込みをかける日本映画。監督は『パワーレンジャー』『ウルトラマン』『仮面ライダー』等、数多くの特撮ヒーローを世に送り出した坂本浩一

 主人公小太郎を演じるのは『ウルトラマンZ』の平野宏周、同じく主人公の信助を演じるのは『仮面ライダーゴースト』の西銘駿。彼らと対峙する鮫士郎役には、『仮面ライダー響鬼』『仮面ライダー電王』の中村優一。さらにヒロインの沙代役に女優、看護師、空手世界一、プロレスラーの肩書きを持つ長野じゅりあ、小太郎を愛する女忍者・菊魔には『ハイキックエンジェルス』で鮮烈なデビューを飾った宮原華音という布陣で挑む。

 時は江戸時代。人里離れた沖津村の浜に村人の惨殺された死体が上がる。邪教集団・紅魔衆の首領・蛟鮫士郎は 不老不死の力を得る為に、忍術を使い鮫を操ることによって村で採れる真珠を強制的に村人から巻き上げていたのだ。この状況に業を煮やした村長は、助太刀を頼むべく村外れの寺にいる用心棒の潮崎小太郎に会いに行く。小太郎は報酬とともに仕事を一旦引き受けるが、その行く手に現れたのは菊魔と名乗る女忍者だった。

 小太郎は、村人の沙代を生贄として鮫士郎に捧げようとする村長に反発する信助と共に、鮫士郎に戦いを挑む。そんな彼を待ち構えていたのは、この世の物とは思えない巨大な鮫。ついに実現する、忍者対鮫の究極バトル。生き残るのはどっちだ?

 予告編は、「勇者は山からやってきた。その忍術と剣の腕により、最も恐れられた戦士」という英語のナレーションと共に、“忍者”小太郎が華麗なアクションを繰り広げる姿からスタート。続いて、腐敗、殺人、果てはゾンビや禁断の愛(?)がはびこるおぞましい秘密を持つ村で、小太郎らに最大の危機が迫る…。

 映像の後半からは、リオ・アスナブルが歌う主題歌「滄溟の誓~Oath of Great Blue~」が流れる中、「皆殺しだ!」と血だらけで叫ぶ鮫士郎のほか、巨大サメが人間に襲いかかる様子やキャスト陣の血しぶきが飛び交う激しいアクションが立て続けに展開していき、最後はなんとサメが陸にあがって猛スピードで迫り来る奇想天外なシーンで締めくくられている。

 本ビジュアルは、小太郎と信助が鋭い目つきで岩の上に立つ姿を描いたもの。背景には、沙代、菊魔、鮫士郎のほか、大きく口を開けた巨大サメが配置されている。

 映画妖獣奇譚 ニンジャ VS シャーク』は、4月14日より劇場公開。

映画『妖獣奇譚 ニンジャVSシャーク』ポスター (C)2022 REMOW