元テレビ朝日アナウンサーでタレントの竹内由恵(37歳)が、3月22日に放送されたトーク番組「あちこちオードリー」(テレビ東京系)に出演。バラエティ番組でスタッフから求められた仕事をした結果、「幻滅した」「性格悪い」と言われ落ち込んでしまったと語った。

番組ゲストの竹内が、他の女性共演者について悪口を言い合うバラエティ番組に出たときのこと。番組スタッフから求められた役回りそのものは楽しくやれたものの、視聴者がSNSで「幻滅した」「性格悪い」と感想をつぶやいているの知り、夫にも「私って性格悪いかな……」と聞いてしまったという。

竹内はもともと人の悪いところが目に入らないタイプで、オードリー・若林正恭は「(人を悪く言うのは)向いてない。俺はめちゃめちゃ意地悪で、意地悪で飯食ってるから『意地悪』って言われてもそうですよって。でも『人の悪いところが目に入らない』みたいなことを言ってる人が、『あんたね!』って悪口を言うなんて無理」と指摘する。

若林は竹内に、逆に良い子アピールをすることでイジってもらった方が良いのではないかと勧めるが、竹内は「それは私の(今まで生きてきた)レールなんですよ。今までの自分のレールの通りに生きていてはいけない気がして。努力して違うところに言った方がいいかなと思って」と答える。

カンニング竹山は竹内の考えについて「ダメよ、ダメダメ。キャリアがないことをやろうとするから売れないんだよ。自分の中に持っているものでしかタレントは成功しない」と話すと、若林も「無免許のキャラで走り出さないでください。逮捕ですよ。自分の子どもの頃からの人間性でやった方がやりやすいじゃない。新しいヒールなんじゃないの? ぶりっ子という言葉を引き出すというか」と語った。