ゴミ清掃員としても勤務するお笑いコンビ・マシンガンズの滝沢秀一が24日、自身の公式ツイッターを更新。悩みがちな“汚れたプラ”を捨てる際の処理方法について、お手本を公開した。

【画像】汚れたプラの処理方法は…


■プラごみで出すなら“ゆすいで”

マシンガンズ滝沢ツイッター

商品が入っているプラスチック製の容れ物、いわゆる“容器包装プラスチック”は捨てる際、食品や液体などで汚れていることも多い。そのためどこまで綺麗にすればよいのか頭を悩ませることも…。

滝沢はこの日、「プラスチック資源に出すなら、ゆすいでくれるとうれしいです!」と味噌の容器を例に挙げて投稿。「このように出される方がいますが…」という画像1枚目では使い切ってはいるものの、汚れが付着したままになっている。


関連記事:“じつはリサイクル不可なモノ”に思わず絶句 ゴミ清掃員も嘆き「紛らわしい」

■汚れたものが混ざると…

これに対し滝沢は「見本載せておきますね!」と2枚目に洗って綺麗にした容器を公開。滝沢自身は皿洗いのついでに洗っているとのことだが、「難しかったら可燃(不燃)でお出しください!」とも呼びかけた。

過去の投稿で“煙草の吸殻が入ったカン”や“油の付着した紙”など、リサイクルできないゴミについてたびたび注意を呼びかけている滝沢。運良く回収された場合でも「汚れているのは手作業で分別します!」だそうで、汚れたまま出すとかえって作業員の手間を増やしてしまうようだ。

さらに調べてみると、洗浄していない容器によってきちんと洗って出されたものにも汚れが移ってしまい、綺麗だったものまで燃やすごみになってしまうケースもあるという。


■手間をかけない方法も

滝沢が公開した汚れた容器に、「この程度でダメならソースの袋とかほぼ可燃ごみなんだね。気をつけよ」との声が上がった一方で、「いやもう絶対洗いますよ!」「汚いな。ありえない…」「ゆすがない人って臭いとか気にならないのかな」と驚きや引いてしまった人も。

また、「お味噌は洗うのがなかなか手間なので、いつも可燃で出してしまう」との声や「お皿洗いのとき、流れる水の下に置いておくだけで綺麗になる」「味噌の容器についたのはぬるま湯を入れてといて味噌汁にして使い切ります!」などと具体例もあがっている。

■汚れたプラごみの実例とお手本

・合わせて読みたい→意外とわからない“あのアイテム”の捨て方が話題に 「いつも何ゴミか迷ってた…」

(文/Sirabee 編集部・今井のか

ゴミ清掃員が教える「汚れたプラごみの捨て方」 実例写真にドン引きする声も…