バンダイナムコフィルムワークスは、講談社公式マンガアプリ「コミックDAYS」で連載中のマンガ『この世界は不完全すぎる』を2024年春にアニメ化すると発表した。

『この世界は不完全すぎる』2024年春にアニメ化決定1

 『この世界は不完全すぎる』はアイアンバディ』をモーニングで連載し、『将棋指す獣』『しょせん他人事ですから ~とある弁護士の本音の仕事~』などの原作を手がけたことで知られる左藤真通氏が「コミックDAYS」で連載中のマンガ作品である。

 物語の舞台となるのは完全体感型VRゲーム「キングス・シーカー・オンライン」。ゲームの世界に閉じ込められてしまったデバッガーの主人公「ハガ」は、“王の探究者(キングス・シーカー)”を名乗りながら「はじまりの村」で助けた少女「ニコラ」とともに壊れかけの世界を旅していく。

 はるか山奥に住むはずのドラゴンに襲われて何度も燃やされる村、壁の向こうに広がる底なしの空間、姿勢が固まったままの村人たち……などなど、作中にはいくつものゲームらしい異常事態が現れる。未完成ゲームのデバッグをめぐるファンタジー作品という、非常に独特な世界設定が魅力の作品だ。

『この世界は不完全すぎる』2024年春にアニメ化決定2

 このたび発表されたアニメ版では主人公「ハガ」役を、ハイキュー!!影山飛雄役やワンパンマンジェノス役で知られる石川界人さんが担当。ヒロイン「ニコラ」役はラブライブ!虹ヶ咲 学園スクールアイドル同好会高咲侑役、ウマ娘キタサンブラック役などを演じている矢野妃菜喜さんが担う。

 制作スタジオは100studioとsturioぱれっと。監督はクラシカロイド(2期)の監督やあやかしトライアングルの副監督を務めた馬引圭氏。同じく『あやかしトライアングル』やジョジョの奇妙な冒険 ストーンオーシャンダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅣ 深章 厄災篇』などに携わってきたヤスカワショウゴ氏がシリーズ構成・脚本を務めるといった布陣だ。

 また今回、本作のアニメ化発表にあたって電ファミニコゲーマーでは原作者・左藤真通氏とゲームAIの第一人者・三宅陽一郎氏の対談を掲載させていただいている。『この世界は不完全すぎる』の作品内だけでなく、現実のゲーム内でAIがどのように活躍しているのかなど、リアルとフィクションの両面からゲーム開発の一端を見つめる内容となっているため、ぜひご一読いただきたい。

 『この世界は不完全すぎる』のアニメ版は2024年春の放送開始を予定している。また、原作コミックの単行本第9巻は4月12日(水)に発売予定だ。本件に関する詳細については、以下のリリースも参照されたい。

『この世界は不完全すぎる』アニメ公式サイトはこちらコミックDAYS『この世界は不完全すぎる』はこちら

プレスリリースの全文は以下のとおり。


未完成ゲームのデバッグをめぐる冒険ファンタジー講談社公式マンガアプリ&WEB「コミックDAYS」で絶賛連載中の人気作『この世界は不完全すぎる』ついにTVアニメ化!! 2024年春放送予定!!

講談社公式マンガアプリ&WEB「コミックDAYS」で絶賛連載中の左藤真通による漫画『この世界は不完全すぎる』が、2024年春にアニメ化することが決定いたしました。監督に馬引圭、シリーズ構成・脚本にヤスカワショウゴ、制作スタジオには 100studioとstudioぱれっと、主人公のハガ役には石川界人、ヒロインのニコラ役には矢野妃菜喜を迎え、本作独自の世界観を創り出します。

『この世界は不完全すぎる』2024年春にアニメ化決定3

『この世界は不完全すぎる』アニメ化情報

2024年春放送開始予定!!

アニメ公式HP https://konofuka.com

作品公式Twitter @konofuka_QA

──この世界(ゲーム)、不完全(バグだらけ)。

イントロダクション

極秘に組織された調査隊“王の探求者(キングス・シーカー)“の一員として旅をするハガは、様々な異常事態に遭遇する。

はるか山奥に住むはずのドラゴンに襲われ、何度も燃やされる村。壁の向こうに広がる底なしの空間。

姿勢が固まったままの村人たち。

はじまりの村で助けた少女・ニコラと共に壊れかけの世界を往くハガ。その真の目的は、この世界のデバッグだった。

──これは未完成の完全体感型VRゲームで巻き起こる、受難の物語。

スタッフ

原作:左藤真通『この世界は不完全すぎる』(講談社コミックDAYS」連載)監督:馬引圭

シリーズ構成・脚本:ヤスカワショウゴ

キャラクターデザイン:赤堀重雄

アニメーション制作:100studio×studioぱれっと

製作:『この世界は不完全すぎる』製作委員会

ティザーPV

https://youtu.be/TumlakEaQl8

『この世界は不完全すぎる』2024年春にアニメ化決定_001 『この世界は不完全すぎる』2024年春にアニメ化決定_002 『この世界は不完全すぎる』2024年春にアニメ化決定2 『この世界は不完全すぎる』2024年春にアニメ化決定_003

キャスト

『この世界は不完全すぎる』2024年春にアニメ化決定_004 『この世界は不完全すぎる』2024年春にアニメ化決定_005

©左藤真通・講談社/『この世界は不完全すぎる』製作委員会

『この世界は不完全すぎる』原作情報

原作・左藤真通コメント

『この世界は不完全すぎる』アニメ化!?

うわー!動いてるハガちゃん達が見られるんですか?

ということで、お話をいただいた際は本当に驚きました。

ああいうとき人間って「あ~そうですかぁ~」と、混乱しながらリアクションを取るものなんですね。今はとにかくどういうふうなアクションになるのか、早く観たい!と毎日ワクワクしています。原作もアニメに負けないよう、頑張っておりますのでよろしくお願いいたします!!

左藤真通

1980年生まれ。神奈川県出身。第68回ちばてつや賞一般部門にて『無刻さん』が佳作を受賞。

モーニング連載作『アイアンバディ』を経て、『将棋指す獣』(新潮社刊)や『しょせん他人事ですから~とある弁護士の本音の仕事~』(白泉社刊)では原作を担当している。

原作最新刊

この世界は不完全すぎる(9) 4月12日発売!!

『この世界は不完全すぎる』2024年春にアニメ化決定4

著:左藤真通
出版社:講談社(モーニング KC)
価格:726円(税込)

試し読み・連載情報

講談社公式マンガアプリ&WEB「コミックDAYS」で絶賛連載中!!

原作コミックスの試し読みはコチラ
https://comic-days.com/episode/13933686331630536721

スペシャル対談記事

ゲーム世界に閉じ込められた「デバッガー」のマンガ『この世界は不完全すぎる』作者・左藤真通氏がゲームAIの第一人者に聞く「デバッグ」と「AI」のリアル

記事の閲覧はコチラ
https://news.denfaminicogamer.jp/interview/230324a

©左藤真通・講談社/『この世界は不完全すぎる』製作委員会

『この世界は不完全すぎる』アニメ公式サイトはこちらコミックDAYS『この世界は不完全すぎる』はこちら

リンク