画像イメージ

画像イメージ

「職場がゆるい」と言ってもさまざまだが、働きやすいという意味で「ゆるい」と言われることもある。キャリコネニュースに投稿を寄せた30代前半の女性(大阪府/営業/年収300万円)は、

「仕事ができてれば、それでいい」

という社長の考えのもとで勤務。なんとも羨ましい労働環境を明かした。(文:永本かおり)

「次の日に休んでも何も言わない」「残業はしないのがルール」

女性の職場は「基本9時~18時の8時間勤務」だが、

「社長は『仕事ができてれば、それでいい』という感じで早く終われば早く帰ってもいいし、次の日に休んでも何も言わない人です」

というから驚きだ。「仕事さえちゃんと出来てればOK」 なため、「連休しても何も怒られず、それどころか『休める時に休め~』という感じ」だという。

そのうえ、「残業はしないのがルール」で、それが建て前だけではないようだ。

「出勤の10分前ではなくちょうどでいいし、退勤時間ちょうどになる10分前から帰る準備をし退勤ちょうどに打刻して帰るように。という感じで休みに緩く働きやすい環境です」

「あとは、出勤時間も緩く仕事出来てればOKなので昼に出勤してもOKと緩すぎる会社です」

と働きやすさを綴っていた。

※キャリコネニュースでは「自分の職場がゆるいと感じる瞬間」をテーマにアンケートを実施しています。回答はこちらから https://questant.jp/q/3JFHPFMU

「昼に出勤してもOK」「早く終われば早く帰ってもいい」“ゆるい職場”の働きやすさを語る女性