女優の松井玲奈さんが、自身のウィキペディア(Wikipedia)にある記述を削除するよう依頼したが、ウィキペディアンにより拒否された事例をご存知だろうか。

【Wikipediaの抱える構造的欠陥 松井玲奈本人の削除要望めぐる議論を振り返るの画像・動画をすべて見る】

2022年6月に出された依頼の内容は、“松井玲奈が雨女である”との記述を削除してほしいというもので、そもそも本人が「私は雨女じゃない」とTwitterに投稿し否定していた。

しかし、この依頼は拒否された。一体なぜか? この事態を紐解くことで、ウィキペディアの重大な欠陥が見えてくる。

松井玲奈「私は雨女じゃない」──事態の経緯

まず、事態の経緯を見ていく。2022年6月3日に、松井玲奈さんが自らの公式Twitterで以下のように投稿した。



これに基づき、ウィキペディアにある彼女の記事から「雨女である」という記述が削除された。ウィキペディアのすべての記事では、誰でも編集履歴を見ることができる

現状、PCなら記事の右上にある「履歴表示」のボタンを押せばよい。スマートフォンなら下部に「最終編集」のボタンがあり、そこをタップすれば履歴を見ることができる。

記述が削除されるなど、内容が減った編集は、編集履歴では赤文字で表示される。増えれば緑である。大幅な増減では太字になる。

以下の画像は、6月4日前後の松井玲奈さんの記事の編集履歴である。

Wikipedia日本語版の松井玲奈 2022年6月4日 (土) 05:05(UTC) (CC BY-SA 3.0)https://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0/deed.ja)



「雨女である」との記述が削除されたその3分後に、「それは記事破壊である」という理由で「雨女である」という記述が再掲載された。もういちど削除すると、「出典付きの記述は除去してはならない」という理由で再び記述が再掲載された。

そのあとも複数回、「本人が消して欲しいとの話から」「本人が強く否定しており削除を強く望んでいるため」という理由で削除が繰り返されたものの、そのたびにウィキペディアンが「出典がついているため」と本人の望んでいない記述を復活させている。

自分のウィキペディア記事はコントロールできない

最終的に、ウィキペディアにある松井玲奈さんの記事は、管理者が保護した。保護とは、記事を編集できないようにする措置である。

保護された時点でもなお「雨女である」という記述は残っている。そして、残った状態が6月12日まで継続した。この間、記事を編集できるのは管理者らのみであった(なお、現在は該当の記述は削除されている)。

ウィキペディアでは、自分の記事を自分ではコントロールできない。

今回はたまさか「雨女かどうか」という内容で済んだ。しかし、これが公表されたくない情報だったとしたら? 間違った情報がウィキペディアに書かれたとしたらどうだろうか?

ウィキペディアの記述は、どれほど望んでも自分で消すことはできないのである。ウィキペディアでは、記事の題材となった当人は編集すべきではない、と決められている(外部リンク)。よって最終的な手段はただ一つ。泣き寝入りである



最終的には削除されたとはいえ、この騒動でもまた、松井玲奈さんがあきらめざるを得ない形となった。

このように、著名人が除去を望み、最終的に泣き寝入りとなった事例は枚挙にいとまがない。それこそ当人が触れてほしくないことなので、この記事で具体的な例を挙げることはしない。

何のためにウィキペディアで「松井玲奈」を調べるか



以前にも触れているが、ウィキペディアに自分の記事ができることは、メリットよりもデメリットの方が非常に大きい。

とはいうものの、松井玲奈さんほどの人物になると、ウィキペディアに記事ができるのは致し方のないことである。むしろ記事がないと調べものに困る。

さてここで、そもそも何のためにウィキペディアで「松井玲奈」を調べるか、考えてみる。

ファンがたわむれに読むこともあるだろうが、ウィキペディアでタレントを調べる人は、その人について知りたいことがある──裏を返せばその人のことを良く知らない人が大半であろう。

例えば、業界人がそのタレントと一緒に仕事をする際、あるいはインタビュアーがインタビューの前に、必要に駆られてウィキペディアを見る。実際、松井玲奈さんが雨女の記述を消してほしい理由もそうだった。仕事で一緒になった人がウィキペディアを読んで、雨女の話を振ったのだ。



お手軽に知識を得ようとしてウィキペディアを見る。すると、今回のようなトラブルが起きる。

とあるジャンルについて良く知らない人は、九分九厘そのジャンルを誤解している」──門外漢の誤解が解けるほどの信頼性と情報量が、果たしてウィキペディアにあるだろうか。





「勉強はウィキペディアが9割でOK」ではない

インスタント食品だけでお手軽に栄養を取ることはできない。もし、あなたが創作活動をするならば、ウィキペディアに載っている情報のみを参考にしない方がいい。

確かに、日常のふとした疑問を解決するのにはウィキペディアは向いている。だが、学校のレポートに向いていないのは周知の事実である。レポートを書く際には、お金や時間といったコストをかけて、専門書や論文雑誌、その他文献を読み漁り、その上でさらにその情報の信頼性を吟味すべきである。

「ウィキペディアは何ではないか(外部リンク)」の見出しの文言を借りれば、ウィキペディアは名鑑でもカタログでも教科書でも学術誌でもない。



マイクロソフト日本法人の社長を務めた成毛眞さんは、2022年7月、集英社オンラインで公開された記事(外部リンク)の中で、「勉強はウィキペディアが9割でOK」と断言した。しかし、私はそうとは思えない。ウィキペディアは勉強に使えない。

インスタント食品を食べるなとは言わない。だが素晴らしい食品とは言い難い。同様に、ウィキペディアを読むなとは言わないが、少なくとも素晴らしい情報源ではない。

村社会・ディストピア化するウィキペディア

File:Wikipedia 3DPrinted in hand grey.jpg by Dkoukoul via WikimediaCommons (CC BY-SA 4.0)https://creativecommons.org/licenses/by-sa/4.0/deed.ja



その名の通り「Wikipedia:なぜウィキペディアは素晴らしくないのか」というページがウィキペディアにはある。このページにはウィキペディアの欠陥が粗方まとまっている。以下は、同ページから引用したものである。


学者有識者気取りのおたく[13]と2ちゃんねらーが場を仕切っています[14]。ウィキペディアは「流れ者」から「自由を守る」ために、どんどんピラミッド型ヒエラルキー(上下関係とも云い得る)を持つようになっており[15]

(中略)

その利用者には各種依頼・投票参加・半保護ページ編集が出来る古参の「ログインユーザー」、記事の削除や投稿ブロックが出来る「管理者」などの階層が生まれています。この「管理者」の権限はシステムに組み込まれており、熱心な参加者が時間を割いて注意深く観察していない限り、この権限に対するチェックや牽制は働きません。管理者の行為を監察する制度さえないのです[16][17][18]。

Wikipedia日本語版のWikipedia:なぜウィキペディアは素晴らしくないのか 2022年6月6日 (月) 07:18 (UTC) (CC BY-SA 3.0)https://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0/deed.ja


今回の松井玲奈さんの話に当てはめて考えてみる。「流れ者」とは松井玲奈さんのTwitterでの要望を見て、雨女の二文字を除去しようとした人々である。学者有識者気取りのおたくと2ちゃんねらー、とは、「出典がついているので削除するな」と差し戻した人々である。

そして編集合戦の結果、ウィキペディアの記事「松井玲奈」は、一時管理者しか編集できない状態になった。


このようにして、先取権、内在的な偏向、対立の構図、その他エトセトラは更に悪化してしまうでしょう。「有象無象の流れ者」であることを理由にして、多くの人が百科事典のための意思決定過程から排除されてしまうでしょう。

Wikipedia日本語版のWikipedia:なぜウィキペディアは素晴らしくないのか 2022年6月6日 (月) 07:18 (UTC) (CC BY-SA 3.0)https://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0/deed.ja


先に挙げた成毛眞さんの記事では、「多くの人が関与するため、情報は正確になり、かつ洗練されていく」ことを根拠に、「勉強はウィキペディアが9割でOK」と主張していた。

では実際に、この記事を読んでいるあなたは、ウィキペディアに関与したことがあるだろうか? 仮にあなたの好きなアニメや芸能人の記事で、間違った記述や要出典を見かけても、わざわざ編集しない人がほとんどではないだろうか。

すると、ごく少数の人のみがかかわることになる。情報は不正確になり、かつ洗練されていかない。これでは勉強に使えない。


朝から晩まで―場合によっては睡眠や食事、排泄に当てる時間さえも惜しんで―端末に張り付き編集に関わっている「声の大きい人」(ノイジー/ラウド・マイノリティ)のみが最終的に主導権を握る事になり(ウィキアリティ)、ウィキホリック達のサロン、ウィキホリック達によってウィキホリックの為に構築された、ウィキホリックだけがいる村社会・ディストピアと化します[19]
Wikipedia日本語版のWikipedia:なぜウィキペディアは素晴らしくないのか 2022年6月6日 (月) 07:18 (UTC) (CC BY-SA 3.0)https://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0/deed.ja


もう一度繰り返すが、これでは勉強に使えない。

ウィキペディアンと議論を交わした松井玲奈のファン

Wikipedia日本語版のノート:松井玲奈 2022年6月12日 (日) 10:07‎(UTC) (CC BY-SA 3.0)https://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0/deed.ja



しかし、松井玲奈さんのファンは諦めなかった。ウィキペディアには、各記事の内容を議論する専用のページが、一つの記事に一つずつある。「ノート(ページ)」という。

松井玲奈さんの記事のノートで、ウィキペディア歴の浅いファンや、あるいはアカウントすら持っていないファンが、既存のウィキペディアンと議論を始めたのである。

雨女に関する議論の長さは、バイト数で言うとおおよそ二万五千バイトほどにもなった。これは普通の記事と比べても長い。松井玲奈が初めて選抜メンバーになった曲「10年桜外部リンク)」の記事が2022年6月18日 (土) 05:35‎(UTC)の版で16000バイト弱である。

両者の協議の結果、「Wikipedia:過剰な内容の整理(外部リンク)」や、「ウィキペディアは情報を無差別に収集する場ではありません(外部リンク)」あるいは「ウィキペディアはファンサイトではない(外部リンク)」などのガイドラインを応用・援用することで、雨女であるという記述を除去できた。「個人が望んでいるから除去」という理由は認められなかったが、譲歩を引き出すことはできたのである。

おそらく今後、ウィキペディアのたどりうる道筋は二つある。

一つは、ウィキペディアへ大量の「“有象無象”」が流れてきて、ディストピアを壊すこと。もう一つは、ウィキペディアを使う人が減り、その分、図書館や書店がにぎわうこと。このどちらかである。

いずれにせよ、分厚い雲に、青い切れ目が見えてきた。





ウィキペディアの記述に異議を唱えた松井玲奈さん