お菓子アイスクリームにした商品といえば「ルマンド」「チョコパイ」「ロアンヌ」など幅広い商品がリリースされております。

 そんな中、ついにアノ商品が「アイスクリーム化」してしまいました。そうです森永製菓ビスケットマリー」です。ただでさえ美味しいあの「マリー」がアイスクリームになるなんて、もはや犯罪レベル。期待に胸が膨らみますが、どんな味に仕上がっているのか?食べてみました。

【その他の画像・さらに詳しい元の記事はこちら】

■ 100周年を迎える「マリー

 「マリー」といえば赤いパッケージが目印の定番商品。スーパーなどでは当たり前に置かれており、もはや「あるのが当然」レベルに馴染みまくっています。それもそのはず、マリーが誕生したのは1923年。

 森永製菓より国内向けに発売され、今年でなんと100周年を迎える超ロングセラービスケットなのです。

 3月27日に発売された「100THマリービスケットサンドアイス<キャラメル>(160円:税別)」(以下:マリービスケットサンドアイス)は、その100周年を記念して発売されたもの。たっぷりのキャラメルアイスをマリーでサンドしたという、超贅沢な商品となっています。

 ビスケットキャラメルアイス……悪魔的コラボレーションでしかありません。しかもサンドしているのは、我らがマリーさま!!!これが美味しくないわけがないのです。

■ マリービスケットサンドアイスとはどんなもの?

 実は発売当日からすでにSNSでは話題になっていました。「売り切れ必至」なんて声も聞かれていたほど。そらーそーでしょー。だってマリーさま生誕100周年の記念商品なんですもの。

 というわけで、一目散でコンビニに向かい「マリービスケットサンドアイス」をゲットいたしました!

 パッケージは「マリー」を踏襲した赤いデザイン。そしてとろ~りとキャラメルが溢れ出ている、なんとも魅惑的なビジュアルとなっています。これは期待しかない……マリーさまバンザーイ!!

 パッケージ裏には「マリービスケットサンドアイス」の構造が描かれています。ビスケットキャラメルアイスクリーム・とろ~りキャラメルソースという、もはや「ビスケットが脇役になるのではないか?」と心配してしまうほどのキャスティング。

 さっそく開けてみると、「ビスケットアイス」というカテゴリを逸脱した、「バターサンド」のような全く別物の圧倒的な存在感。

 中身はどうなっているのか?ふたつに切って断面を確認。すると、あのイラスト通り中から「とろ~りキャラメルソース」があふれ出てきました。

 手で持ってみると、もうすでにアイスクリームが溶け出しているのがよくわかります。さすが、春の陽気で気温はすでに20度、アイスも絶好調の状態に仕上がっています。

■ 一口食べればマリーさまバンザーイ!!

 いい感じの溶け具合になったところで食べていきます。いただきます……。

 まず感じるのは、ビスケット感「ゼロ」!もちろんいい意味で。お世辞にも「柔らかい」とは言い難いあのビスケットマリー」が、アイスクリームになったことで、ほどよく「ホロホロ」になっております。

 口の中で、というより持った瞬間に崩れるアイスクリーム版のユルいビスケットは斬新。そしてそんなユルいビスケットを「キャラメルアイスクリーム」が冷たく優しく包み込み、それに追い打ちをかけるかのように、香ばしい「とろ~りキャラメルソース」が支えています。うまい!!

 何とも計算し尽くされた、期待を裏切らないマリービスケットサンドアイス。もう口の中が幸せでいっぱい!マリーさまバンザーイ!!マリーさまバンザーイ!!マリーさまバンザーイ!!こんなのを160円(税別)で販売して良いのか森永!!!

 あまり記事では特定の商品について「絶賛」しないようにしているのですが、この商品はマジでオススメできます。見かけたら是非。

<参考>
100THマリービスケットサンドアイス<キャラメル>(ニュースリリース)

たまちゃん

マリーさまバンザーイ!!ビスケット「マリー」生誕100周年記念商品「マリービスケットサンドアイス」が期待を裏切らないおいしさ